最新記事

トランプ政権

トランプ、不公正な貿易に警告 ダボス会議講演で対米投資呼び掛け

2018年1月27日(土)08時00分

1月26日、トランプ米大統領は、「米国第一主義」を唱え、不公正な貿易慣行に対し警告を発した。写真はスイスのダボスで同日撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

トランプ米大統領は26日、世界経済フォーラム年次総会の講演で「米国第一主義」を唱え、不公正な貿易慣行に対し警告を発した。

トランプ氏は、米国は「事業に開かれている」と説明。減税や規制緩和が投資環境を後押しし、対米投資や事業移転などの好機とした。

「複数年にわたる低迷の末、米国は再び底堅い経済成長を遂げつつある」と指摘。「世界は、強く繁栄した米国の復活を目の当たりにしつつある」と述べた。

「米国第一主義」を常に推し進める考えを示した。「『米国第一主義』は米国単独を意味しない。米国が成長すれば、世界も伸びる」と語った。

貿易ルールの問題では、国を名指ししなかったものの、知的財産を盗み、国が産業を支援するなど、不公正な慣行が行われていると批判した。

「米国がもはや、不公正な取引慣行に目をつぶることはない」と明言、「一部の国が多国を犠牲にして制度を悪用すれば、自由で開放的な貿易は行えない。自由貿易は支持するが、公正、互恵的である必要がある」と訴えた。

個々の国と「相互互恵的な」2国間貿易協定を検討する考えを表明、環太平洋連携協定(TPP)参加国も相手に含める可能性を示した。米国の利益にかなう場合、集団的な交渉も検討するとした。

ムニューシン米財務長官は今週、「明らかにドル安はわれわれにとり良いこと」と述べた。トランプ氏は25日、最終的には強いドルを望む考えを表明した。

米当局者らは、両氏に見解の相違はないと説明、ムニューシン氏はドル安を誘導する政策的な志向でなく、ドル安の影響に関する事実に基づく見解を述べたと指摘した。

トランプ氏の講演を、聴衆はおおむね前向きに受け止めた。

IHSマークイットの首席エコノミストは「トランプ氏は米国だけでなく、世界の企業家らに自国の現状に安心してもらおうと、会議に参加したのだと思う」と話した。

[ダボス(スイス) 26日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 株価上昇

ビジネス

マクドナルド、第3四半期は海外好調で米の鈍化補う 

ビジネス

欧州委、イタリア予算案を拒否 3週間以内の再提出求

ワールド

シリアで拘束とみられる安田さん解放か、政府が確認中

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

  • 2

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 3

    9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

  • 4

    背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

  • 5

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 9

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 10

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 10

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 5

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 6

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月