最新記事

英王室

【写真特集】クリスマスに英王室メンバー勢揃い、でも何か物足りない

2017年12月26日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

フィリップ王配の後ろには孫にあたるウィリアム王子夫妻とハリー王子とその婚約者メーガン・マークル Hannah McKay-REUTERS

<今年はマークルが加わった最初のクリスマス。一層華やかさを増した英王室だが、決定的に足りないものがある>

12月25日、ロンドン・セントメアリー・マグダレン教会で行われる恒例のクリスマスミサに英王室のメンバーが集った。11月婚約を発表したヘンリー王子(通称ハリー王子)のフィアンセ、米女優メーガン・マークルを迎えての初めてのクリスマスで、新たなロイヤルファミリーの登場に市民からは歓声が上がった。

風邪のために2016年のミサを欠席したエリザベス女王も今年は元気そうな姿を見せた。女王がこの日選んだのは、目にも鮮やかなオレンジのコーディネート。女王を先頭に一歩引いて夫のフィリップ王配、チャールズ皇太子と妻カミラたちが現れた。

Royal-christmas-03.jpg

今年で即位65周年を迎え君主として世界最長の在位期間を持つエリザベス女王。1952年からクリスマススピーチを行っている Hannah McKay-REUTERS


初めてのロイヤルクリスマスとなるマークルは、ウィリアム王子の妻キャサリン妃やほかの王室メンバーと談笑し、リラックスして楽しんでいる様子だった。ハリー王子と腕を組み幸せそうな笑顔が印象的だ。

Royal-christmas-02.jpg

結婚前にこのミサに参加するのは異例なことで、ヘンリー王子からエリザベス女王に頼み込んでメーガンの参加が実現したという報道も Hannah McKay-REUTERS

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    世界が知る「香港」は終わった

  • 5

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 8

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 9

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 10

    世界が知る「香港」は終わった

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    キム・カーダシアンの「キモノ」に怒った日本人よ、…

  • 9

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月