最新記事

英王室

【写真特集】クリスマスに英王室メンバー勢揃い、でも何か物足りない

2017年12月26日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

フィリップ王配の後ろには孫にあたるウィリアム王子夫妻とハリー王子とその婚約者メーガン・マークル Hannah McKay-REUTERS

<今年はマークルが加わった最初のクリスマス。一層華やかさを増した英王室だが、決定的に足りないものがある>

12月25日、ロンドン・セントメアリー・マグダレン教会で行われる恒例のクリスマスミサに英王室のメンバーが集った。11月婚約を発表したヘンリー王子(通称ハリー王子)のフィアンセ、米女優メーガン・マークルを迎えての初めてのクリスマスで、新たなロイヤルファミリーの登場に市民からは歓声が上がった。

風邪のために2016年のミサを欠席したエリザベス女王も今年は元気そうな姿を見せた。女王がこの日選んだのは、目にも鮮やかなオレンジのコーディネート。女王を先頭に一歩引いて夫のフィリップ王配、チャールズ皇太子と妻カミラたちが現れた。

Royal-christmas-03.jpg

今年で即位65周年を迎え君主として世界最長の在位期間を持つエリザベス女王。1952年からクリスマススピーチを行っている Hannah McKay-REUTERS


初めてのロイヤルクリスマスとなるマークルは、ウィリアム王子の妻キャサリン妃やほかの王室メンバーと談笑し、リラックスして楽しんでいる様子だった。ハリー王子と腕を組み幸せそうな笑顔が印象的だ。

Royal-christmas-02.jpg

結婚前にこのミサに参加するのは異例なことで、ヘンリー王子からエリザベス女王に頼み込んでメーガンの参加が実現したという報道も Hannah McKay-REUTERS

ニュース速報

ワールド

イタリア地方選、同盟が躍進 五つ星に比肩する支持獲

ビジネス

高島屋、18年3―5月期は増収増益 インバウンドや

ビジネス

欧州銀行監督機構、銀行に英のEU離脱対策急ぐよう警

ビジネス

ギリシャにとってクレジットポジティブ、債務軽減で=

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 10

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月