最新記事

中国社会

中国人の北朝鮮観光は止まらず 政府の規制を国境都市が緩和

2017年12月22日(金)17時16分

12月20日、先月のトランプ米大統領訪中を前に中国当局が非公式に禁止したにもかかわらず、中国人観光客が依然として国境沿いの丹東市から北朝鮮の首都平壌を訪れていることが分かった。写真は中国人観光客。丹東付近で8月撮影(2017年 ロイター/Philip Wen)

先月のトランプ米大統領訪中を前に中国当局が非公式に禁止したにもかかわらず、中国人観光客が依然として国境沿いの丹東市から北朝鮮の首都平壌を訪れていることが分かった。観光業界筋が明らかにした。

関係筋2人がロイターに語ったところによると、中国人観光客40人の一行は15日、丹東から平壌に向けて出発した。地元当局が、北朝鮮観光を制限するという中央政府の指示を積極的に実施していないことを示している。

「指示が出されて以来、丹東から北朝鮮を訪れた最大の観光客グループだった」と、ある旅行業者は語る。列車で北朝鮮を訪れる4日間のツアーに参加する一行だという。

この記事に関し、丹東市の観光局は取材を拒否した。コメントを求められた中国外務省は「状況を理解していない」とした。

中国の地元企業は、良いときであろうが悪いときであろうが、中央あるいは地方当局が導入した政策の抜け穴を見つけることで知られる。

「政府の政策を迂回する方法は必ずある」と、丹東で観光業に携わるある人物は話す。「中国人とはそういうものだ」

「丹東の規制解除に、中央政府は非常に腹を立てると思う」と、この観光業者は語った。

北朝鮮の稼ぎ頭

北朝鮮への観光は国連により禁止されておらず、同国にとっては残された数少ない外貨獲得手段となっている。シンクタンク韓国海洋開発院の試算によると、北朝鮮は観光業によって年間約4400万ドル(約50億円)の収入を得ている。

北朝鮮が過去1年でミサイル開発を加速させているのを受け、国連は同国への制裁を強化しており、石炭や海産物や繊維など主要産業の輸出を抑制している。

北京を拠点に北朝鮮ツアーを企画する高麗旅行社のサイモン・コッカレル氏は、平壌で11月半ばに中国人観光客を乗せたバス3、4台を目にしたが、「彼らがどこから北朝鮮に入国したのか、またどのような査証(ビザ)で来ているのか分からない」と語った。

「北朝鮮のビザは、行ける場所、行けない場所について明記していない。したがって、中朝国境を挟んで丹東の向かい側の新義州市、あるいは羅先特別市から入国したら、平壌へ向かうことが可能だ。北朝鮮人は気にしない」

両市は、中国人観光客が陸路で北朝鮮を訪れる際に人気の入国地点となっている。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

ワールド

ロイター企業調査:貿易紛争は4割に影響、日米FTA

ワールド

アングル:北朝鮮、未完成の核兵力容認し実験停止 対

ビジネス

日経平均は続落、米ハイテク株安と為替の円安とが綱引

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月