最新記事

ロシア疑惑

インスタにもロシア関与した疑惑の投稿、Facebookが発表

2017年11月2日(木)11時02分

11月1日、米フェイスブックは、昨年の米大統領選の直前に、傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて約2000万人の米国人がロシア政府の関与が疑われている投稿を閲覧した可能性があると明らかにした。写真は8月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

米フェイスブックは1日、昨年の米大統領選の直前に、傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて約2000万人の米国人がロシア政府の関与が疑われている投稿を閲覧した可能性があると明らかにした。

米上院情報委員会は、米大統領選へのロシア介入疑惑を巡り2日目の公聴会を開き、フェイスブック、ツイッター、アルファベット傘下のグーグルの法務担当役員が証言した。

フェイスブック法務顧問のコリン・ストレッチ氏は同委に対し、昨年10月以降に1600万人の米国人がロシア関連コンテンツを閲覧した可能性があると指摘。大統領選は11月8日に行われた。

これに加え、400万人が10月より以前にロシア関連コンテンツを閲覧した可能性があるが、データに不完全な部分があると述べた。

フェイスブックは今週初め、米国の政治に影響を与える目的でロシアを拠点とする諜報機関が2年間にフェイスブック上で行った投稿を1億2600万人の米国人が閲覧した可能性があると明らかにしているが、これにインスタグラムに関するデータは含まれていなかった。

ストレッチ氏によると、大統領選でトランプ大統領、ヒラリー・クリントン民主党候補の両陣営はフェイスブック上の広告に合計で8100万ドルを投じた。これに対し、ロシア政府に近く、ネット上で政治に絡む投稿を行っているとされる「インターネット・リサーチ・エージェンシー」の広告購入額は4万6000ドルだった。

ただ、上院情報委で民主党トップのマーク・ワーナー議員は、フェイスブックを含む3社がインターネット・リサーチ・エージェンシーに関連する情報だけを調査の対象としていることは期待外れだったと指摘。これまで判明していないロシア関連コンテンツが多くあるはずだとの認識を示した。

公聴会ではまた、民主、共和両党の議員らがともに、フェイスブックなどインターネット大手は外国政府による悪用を阻止する取り組みを強化するべきだと主張した。

[ワシントン 1日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

富士通、4―9月期営業利益は12.4%減 コロナ影

ワールド

中国、ポンペオ氏のスリランカ訪問前に米国の介入けん

ビジネス

自民党、金融庁・日銀の業務縦割り改善で河野行革相に

ビジネス

日経平均は続落、米株安を嫌気 好決算銘柄への物色が

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月