最新記事

アメリカ政治

米与野党議員、トランプに前FBI長官との通話録音の提出を要求

2017年5月15日(月)13時18分

5月14日、米与野党の議員らは、トランプ大統領に対し、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏との会話を録音したテープを議会に提出するよう求めた。写真は記者の質問に答える民主党上院トップのシューマー院内総務。ワシントンで9日撮影(2017年 ロイター/Aaron Bernstein)

米与野党の議員らは14日、トランプ大統領に対し、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏との会話を録音したテープを議会に提出するよう求めた。

トランプ氏は先週ツイッターで、コミー氏に対し報道機関に情報を漏らさないよう圧力をかける内容の投稿を行い、同氏との会話を録音したテープの存在を示唆した。

与党共和党のグラハム上院議員はNBCテレビに対し、ホワイトハウスは会話を記録した録音テープがあるかどうかについて「はっきりさせるべき」と強調。

「テープについてうそをつくべきではない。この会話の録音テープが存在するなら提出する必要がある」と述べた。

トランプ大統領は先週突如、コミー氏を解任。FBIは昨年の米大統領選へのロシアの介入疑惑やロシアとトランプ陣営の関係について捜査を進めていたため、民主党はFBIの捜査を妨害する行為だとして批判している。

民主党上院トップのシューマー院内総務は、トランプ氏は早期に録音テープを議会に提出する必要があり、テープを破壊すれば法に違反すると警告した。

同氏はまた、上院民主党はコミー氏の後任選出の採決について、トランプ氏とロシアとの関係を調査する特別検察官が任命されるまで投票を拒む可能性について検討していると明らかにした。次期長官候補の就任阻止に向け、上院で過半数を握る共和党の議員らに協力を求める考えも示した。

ロシアは選挙介入疑惑を否定し、トランプ政権もロシアと結託した疑惑を否定している。

一方、司法省はFBI長官の選定に向けた面接を開始。ホワイトハウスの当局者によると、候補者にはマケイブFBI長官代行やコーニン共和党上院議員、ニューヨーク州控訴裁のマイケル・ガルシア判事、フィッシャー元司法次官補などの名前が挙がっているという。

NBCと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが共同で実施した世論調査によると、大統領によるコミー氏解任を支持する人は29%で、不支持の38%を下回った。米与野党の議員らは14日、トランプ大統領に対し、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏との会話を録音したテープを議会に提出するよう求めた。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月