最新記事

オフィス

未来の仕事場のカタチが見えてくる オフィスファニチャー「 i +(アイプラス)」

2017年2月2日(木)16時24分
阿部博子 ※Pen Onlineより転載

「i +(アイプラス)」は、オフィスファニチャーメーカーの老舗・イトーキとヨーロッパのモダンで洗練されたオフィスファニチャーを輸入するインターオフィスが昨年発表したコラボレーションブランド。美しく実用的でいて高い品質を提供するオフィス家具として注目されてきました。このほど、第2回目となる新作コレクションが、GOOD DESIGN Marunouchiにて展示発表が開催されています。

(参考記事:デヴィッド・ボウイを喜ばせた、スタイリスト高橋靖子さんの贈り物とは?

今回発表される新作コレクションは、プロデュースおよびデザインを寺田尚樹氏が担い、ほかテキスタイルデザイナーの安東陽子氏、照明デザイナーの岡安泉氏がコラボレーティブ・デザイナーとして参加。テーブル、パーティション、照明など複数のオフィスプロダクトを発表。快適なオフィス空間を構成しながら、かつ使い手の閃きによってさまざまな使い方が誘発されるプロダクトを提案します。

また、コレクション発表に合わせて、展示期間中は、「i +」の使い勝手を体感できるように、オープニングレセプション、ガイデッドツアー、トークイベントなど、昨今のオフィス空間情報も提供するイベントが盛り沢山に用意されています。自身のオフィスを変えたい方、オフィスファニチャーから、未来の仕事場のカタチが見えてくるかもしれません。

(参考記事:最初から最後まで、デジタルで奏でる 画期的ヘッドホン


newsweek_20170202_124959.jpg

ある程度人の気配が感じられるパーティション。持ち手がくりぬいてあるようなデザインで
脚にはキャスターがついており、移動にも便利。

newsweek_20170202_125204.jpg

シンプルでいながら見た目の美しさも兼ね備えた照明。

newsweek_20170202_125343.jpg

天板のカラーはホワイトのほか、ブラックやグリーンもあり。フレームはクローム、ホワイト、ブラックの3色。レジデンシャルの空間にも適応するデザイン。

newsweek_20170202_125537.jpg

各人の強みを活かし、オフィス空間を理想的に洗練されたものへと導きます。中央がプロデューサーの寺田氏。左右が安東陽子氏と岡安泉氏。




「i + 2017新作発表会」

開催期間:2017年1月24日(火)~2月5日(日) 
開催時間:11時~20時
会期中無休
入場料:無料
開催場所:GOOD DESIGN Marunouchi
東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F
TEL:03-6273-4414
http://www.iplus-furniture.jp


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Penonline_logo200.jpg





関連ワード

ニュース速報

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月