最新記事

ファッション

「着る/知る」プレミアムフライデーに最適なビンテージテイストのスリムチノパン

2017年1月3日(火)10時25分
高橋一史 ※Pen Onlineより転載

イタリアの「PT01(ピーティゼロウーノ)」から2017年春夏にデビューする新シリーズ、「コンセプトチノ(CONCEPT CHINO)」から「マリンチノ(MARINE CHINO)」

「プレミアムフライデー」という新語をご存知でしょうか?経済産業省や経団連らが打ち出した試みで、月末の金曜日は仕事を午後3時で切り上げ、余暇や消費活動に使ってもらおうというもの。2017年2月24日(金)から実施され、「カジュアルフライデー」と同様に服装を軽快にする動きが広がりそうです。仕事着をアレンジするとき、気にしていただきたいのがパンツです。シャツにネクタイ姿のままでも、ボトムを変えるだけで印象がガラッと変わります。実はパンツはトップス以上に重要な、お洒落の鍵を握るアイテム。服装に緊張感を与えるのもリラックスさせるのも、カッコいいのもダサいのも、すべてはパンツしだいと言っていいでしょう。

(参考記事:雨や雪に備えたい! 都市生活にフィットする防水バッグのセレクション

 曲げ伸ばしが多い脚は、上半身と較べて運動量が大きい部位でもあります。きちんと仕立てられたパンツでないと、ストレスを感じながら日常を過ごすことにもなりかねません。今回の「着る/知る」は、大人に似合う品の良さと機能性を両立させた、パンツ専業ブランドにフォーカスします。

(参考記事:100年前の靴を履こう! 英国老舗「グレンソン」の復刻シリーズは、感涙モノのネオビンテージ

 ご紹介する一本は、イタリアの「PT01(ピーティゼロウーノ)」から2017年春夏にデビューする新シリーズ、「コンセプトチノ(CONCEPT CHINO)」のもの。この「マリンチノ(MARINE CHINO)」は、昔のワークウェアのディテールとモダンな形が見事に融合しています。生地の風合いも、サスペンダー用のボタンも、ヒップポケットやコインポケットのカーブした形状も、ビンテージ感たっぷり。シルエットはすっきりとスリムで、都会的な着こなしができます。股上が浅めで低い位置でホールドできますから、お腹が気になる人も穿きやすいでしょう。

 コットンパンツを選ぶときに大切なポイントを一つ。それは穿いてクタッとなった状態の見た目も想像すること。ウールと異なりコットンは、一日と経たずに膝の裏側に深い横じわが入り、センタークリースも消えてしまいます。軍モノのデッドストックふうのこの一本はきっと、穿き込んでも味が出るはず。専業メーカーならではの充実した機能も見逃せません。次ページにて、世界を代表するきれいめパンツの3ブランドをピックアップし、高級パンツを購入するメリットについてお話します。


newsweek_20161227_153721.jpg

腰裏にマリンチノの織りネームつき。パンツ各色 ¥37,800 PT01
問い合わせ先/PT JAPAN TEL:03-5485-0058
pt-japan.com/

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月