最新記事

アメリカ社会

警官に射殺された黒人青年、直前に3度警察に助けを求めていた

野球バットを持っていただけの学生を撃ち殺す必要があったのか、人種間の緊張が高まるシカゴでまた痛恨の警察不祥事

2016年1月27日(水)16時02分
ローレン・ウォーカー

やりきれない思い 射殺されたクイントニオの写真を手に持つ友人(12月29日) Frank Polich-REUTERS

 昨年末、シカゴで19歳の少年が警察官に射殺され、またしても人種問題の絡んだ射殺事件かと注目を集めていた。今週公表された新しい記録から、その少年、クイントニオ・ルグリアが3回、911(日本の110番)に電話をかけ、オペレーターに電話を切られていたことがわかった。

 12月26日の早朝、シカゴのウエストサイドにある父親のアパートの外階段で、クイントニオ・ルグリアは警察官に6発撃たれて死亡した。この事件では、隣人で5人の子供の母親であるベティ・ジョーンズ(55歳)も警察官に射殺されている。

 いったい何が起こったのか。

 これまでに判明していた通報は2件だけだった。1件はクイントニオ自身がかけたもの。もう1件は彼の父、アントニオ・ルグリアがかけたものだ。しかし、警察の不祥事を調査する独立警察審査機関は、市の危機管理伝達局(OEMC)がさらに2件の通話記録を提出してきたとしている。2件とも、当初公表された1件の通報よりも前にクイントニオがかけていたものだ。

 最初の通報は午前4:18。「(緊急事態なので)警官に来て欲しい」と、クイントニオは助けを求めた。

「それだけではわかりません。緊急の要件は何ですか?」とオペレーター。

 クイントニオは何度も緊急と訴え、ついには「身の危険が迫ってる」と言っている。オペレーターは、それ以上の詳細を話さない彼に対し、「質問に答えられないなら切りますよ」と言って、電話を切った。

 OEMCのメリッサ・ストラットン報道官は、オペレーターが適切な措置を取らなかったとして、既に懲戒処分に着手しているとシカゴ・トリビューン紙に語った。命の危険があると通報者が話した時点で、警察官を現場に派遣すべきだったという。

 クイントニオは4:20に2度目の通報をし、アパートに警察官を送ってくれるよう繰り返し頼んだ。3度目は4:21。別のオペレーターが電話を取り、状況をクイントニオから聞き出して、パトカーを手配した。いずれの電話でも、クイントニオの声には苛立ちが感じ取れる。

別の黒人射殺事件で抗議運動が起こったばかりだった

 警察官が現場に向かっているその頃、父親のアントニオが911に通報。パニックに陥った様子で、息子が金属バットを持って「寝室のドアを壊して押し入ってきそうだ」とオペレーターに話している。

 その数分後、警察官のロバート・リアルモがクイントニオを6回撃った。クイントニオがバットを振り回して襲いかかってきたという。隣人のジョーンズは、胸部を1発撃たれて死亡。撃ったのは同じ警察官で、彼女の死は「事故だった」と警察は発表している。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月