最新記事

北朝鮮

【写真特集】時空を超越した北朝鮮の建築アート

現実感に乏しい建物が立ち並ぶ社会で、人々は日々何を想うのか

2015年10月26日(月)16時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ピョンヤン市内で建設中の105階建ての「柳京ホテル」。三角形の外観がビル群の中で異彩を放つ Damir Sagolj-REUTERS

 北朝鮮では今月10日に、朝鮮労働党創立70周年を祝う大規模な軍事パレードが実施された。大陸間弾道ミサイルと見られる大型ミサイルも登場し、国内外に軍事力を誇示してみせた。

 日々伝えられるニュースで、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記による「恐怖政治」の進行や、社会主義経済の混乱といった北朝鮮情勢の一端は垣間見ることができる。しかしそこで生活する一般の人々の真の姿を知ることは難しい。

 首都ピョンヤンにそびえ立つ未来都市のような高層建築、模型のおもちゃのように整備された居住地区、そしてどこかレトロな地下鉄駅の構内――。北朝鮮の建築物はどれも、時空を超越したように、現実感に乏しい。そこで暮らす人々は、日々何を感じ、何を想うのだろうか。


psnk151026-02.jpg

金日成と金正日の巨大な銅像の前で、新年を迎える式典に参加するために集まったピョンヤンの人々 KCNA/REUTERS


psnk151026-03.jpg

今月10日の朝鮮労働党創立70周年を前に、外国メディアに公開された地下鉄構内の通勤風景 Damir Sagolj-REUTERS

ニュース速報

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は8人に増加

ワールド

中国、武器貿易条約に加盟 米を暗に批判

ビジネス

10月の世銀・IMF年次総会、オンラインで開催へ=

ワールド

世銀、今年のロシア成長率をマイナス6%と予想

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月