最新記事

ファッション

メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛される理由とは

Meghan Markle's Favorite Shoe Brand Is Loved by British Royals

2024年06月15日(土)09時20分
ジェームズ・クロフォード=スミス
ヘンリー王子とメーガン妃

2017年11月 婚約会見にて REUTERS/Toby Melville

<婚約会見の際にメーガン妃が履いたパンプスとして知られる「アクアズーラ」。キャサリン妃もユージェニー王女も愛する理由について、王室ファッション専門家が解説>

エリザベス1世の華やかな衣装からビクトリア女王が好んだ国産製のシンプルな装いまで、何世紀にもわたってファッション界に影響を与えてきたイギリス王室。

その歴史は今日においても続いており、服だけでなく靴も同様に影響を与えている。中でも最も多くの王室メンバーが愛用しているブランドの1つがイタリア・フィレンツェ発の高級シューズブランド「アクアズーラ(Aquazzura)」である。


 

最近ではユージェニー王女がウェストミンスター公爵夫妻の結婚式で履く様子がキャッチされてばかりだが、このブランドはメーガン妃との縁が最も深い。メーガン妃はこの「アクアズーラ」とともに王室に入ったともいえるほど。

2017年11月27日、ケンジントン宮殿で行われたヘンリー王子との婚約会見の際にメーガン妃が履いたのが、「アクアズーラ」の「マチルダ(Matilde)」である。

【拡大写真】婚約会見時の今にも脱げそうな、メーガン妃のパンプス を見る

その後、王室入り後もつま先が細身でかかとに小さなリボンが結ばれた、クラシックなデザインが特徴的な「ボウタイパンプス(Bow Tie)」のバリエーション違いを履き、また王室を離れた今も愛用している姿がキャッチされている。

キャサリン妃は「ジミー チュウ」や「ジャンヴィト ロッシ(Gianvito Rossi)」のパンプスの愛用者であることが知られている。しかし、重要な公務の際には「アクアズーラ」を履いている。

王室の女性たちが「アクアズーラ」を選ぶ理由について、王室ファッション専門家のクリスティン・ロスは同ブランドの「しなやかさ」を挙げ、次のように本誌に語った。

「アクアズーラの『ボウタイパンプス』は世界中の女性たちに愛されており、王室も例外ではありません。(略)メーガン妃、ユージェニー王女、そしてキャサリン妃もお持ちです。(略)2012年のブランド設立以来、柔らかなリボンスタイルは時代を超えたデザインとして愛されています。デザイナーのエドガルド・オソリオはロンドン・カレッジ・オブ・ファッションとセントマーチンズ在学時代に、イギリスでの足場を固めています。彼はチャリティーから夕刻のコンサートまで、王室のイベントに相応しい靴を作り上げています」

2017年 メーガンの婚約会見

メーガン妃

Toby Melville-REUTERS
 

2017年11月27日、ケンジントン宮殿での婚約会見では、お気に入りブランド「アクアズーラ」の「マチルダ」を着用。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

オバマ元大統領、ハリス氏支持表明へ 民主党大統領候

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    ジョージア・ファウラーの「美しすぎる腹筋」はピラテ…

  • 3

    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…

  • 3

    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…

  • 4

    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…

  • 5

    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…

  • 3

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 4

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 5

    「大丈夫」...アン王女の容態について、夫ローレンス…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:トランプ暗殺未遂

特集:トランプ暗殺未遂

2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃