最新記事

俳優

サッチャーから気鋭の記者まで演じ、「Gスポット」を発売...女優ジリアン・アンダーソンが新しい挑戦を続ける理由

Up for a Challenge

2024年04月24日(水)12時08分
H・アラン・スコット
ジリアン・アンダーソン

俳優としての挑戦も、女性の性的な健康に関する活動も、応援してくれる人たちがいる MIKE MARSLAND-WIREIMAGE/GETTY IMAGES

<『X-ファイル』のスカリー捜査官で人気を博し、『ザ・クラウン』『Scoop』で活躍するジリアン・アンダーソン。タフな女性を演じることの多い彼女が、役選びで大切にしていることとは>

ジリアン・アンダーソンについて断言できることは、挑戦を恐れないということ。実業家ジェフリー・エプスタインの売春斡旋容疑をめぐり、2019年にBBCが英アンドルー王子を追い詰めたインタビューの裏側を描くネットフリックスのドラマ『Scoop』(邦題『グレート・スクープ』)では、ジャーナリストのエミリー・メイトリス役に挑んでいる。

【動画】ジリアン・アンダーソンが「陰部」をデザインしたドレスでゴールデン・グローブ賞授賞式に登場...「品がない」「悪趣味」の声も

もっとも、彼女は同じネットフリックスの英王室のドラマ『ザ・クラウン』でマーガレット・サッチャーを演じ、エミー賞助演女優賞を受賞している。また王室の話だと思わなかったのだろうか。

「そんなふうに聞かれるようになって、初めて気が付いた。『あら? 考えたこともなかった』という感じ(笑)」。アンダーソンの心をつかんだのは、インタビューの実現に関わった女性たちのさまざまな描写だった。

アンダーソンには『X-ファイル』でダナ・スカリー捜査官を演じていた頃から熱狂的なファンがいる。その人気も利用して、最近は女性の性的な健康について積極的に語っており、自身のウェルネスブランドから、女性はもちろん全ての人に向けたエナジードリンクシリーズ「Gスポット」を発売した。アンダーソンに本誌H・アラン・スコットが聞いた。

◇ ◇ ◇

──王室が絡む別の企画をやることに抵抗はなかった?

エミリー・メイトリスを演じる度胸が自分にあるかどうか。そのことのほうがずっと重い決断だった。

──誰もが見たことのあるインタビューに、新しい解釈をどのように見いだしたのか。

それについては製作陣が考えてくれたと思っている。脚本を読んで、新しくて、新鮮で、スリラーらしい推進力を感じた。私はピーター・モファットの脚本の大ファンだ。

──あなたはタフな女性を演じることが多い。どのように役を選ぶのか。

より立体的で複雑だと感じられる役なら、イエスと言いたくなる。タフな役という言い方もできる。そのほうが他の表現より奥が深い。

──ファンは映画であれ、ドリンクであれ、オンラインであなたをフォローすることであれ、一緒にタフになりたいと思っている。

ファンは私の旅を心から見守ってくれている。それは素晴らしいこと。本当に感謝している。テレビでも映画でも、舞台でも、私が決めたことは何でも受け入れてくれるのだろう。このドリンクを発売して以来、よく人に呼び止められてこんなふうに言われる。「あなたは、女性の無限の可能性を体現している」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 2

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 5

    エリザベス女王が「リリベット」に悲しみ、人生で最…

  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 2

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    アメリカでなぜか人気急上昇中のメーガン妃...「ネト…

  • 5

    「恋人に会いたい」歌姫テイラー・スウィフト...不必…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 2

    「恋人に会いたい」歌姫テイラー・スウィフト...不必…

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:インドのヒント

特集:インドのヒント

2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり