最新記事

英王室

「フリーダムすぎる王位継承者」レディ・アメリア・ウィンザーって誰?

2024年02月18日(日)08時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
レディ・アメリア・ウィンザー

BAKOUNINE-shutterstock

<エリザベス女王の国葬で胸が大きく開いた喪服を着用するなど、いつも大胆なファッションセンスを披露。今回は赤いパンツ一丁姿で自身のSNSに動画公開するも、大騒ぎにならないのはなぜ?>

どの国の王室にも暗黙のルールがあり、それに従わなくてはならない。最もわかりやすい例が服装に関するものであろう。イギリス王室でもマニキュアの色や下着着用に関する暗黙のルールがあるという。

しかし、王室の一員でありながらも「中心」にいない場合は見逃されることもある。その一番有名な例は、レディ・アメリア・ウィンザーであろう。

今月、広告モデルをつとめるイギリスの下着ブランド「Stripe & Stare」の赤いパンツ一丁で現れる姿を自身のSNSにアップしたレディ・アメリア・ウィンザー。

【関連画像】赤いパンツ一丁姿のレディ・アメリア・ウィンザー を見る

 

しかし「いつものこと」と特に大騒ぎにもならず、ファンからは次のようなポジティブなコメントで溢れている。

「大好き♡」
「寒い冬の日になんて勇敢。ゴージャスな下着で素敵」
「なんて楽しいの」
「やったね、メル!」

そもそもレディ・アメリア・ウィンザーとは誰なのか?

祖父は、キャサリン妃に会長職がバトンタッチされるまで「ウィンブルドン選手権の顔」として40年もの間、優勝トロフィーを渡し続けてきたことでも知られる、ケント公爵エドワード王子。エリザベス女王とはいとこ同士になる。

そんなレディ・アメリア・ウィンザーは、ケント公の長男であり父ジョージ・ウィンザー(セント・アンドルーズ伯爵)と母でカナダ出身の学者シルヴァナ・トマゼルリの3番目の子供として1995年に誕生した。

エディンバラ大学でフランス語とイタリア語を学んだあとに、ケイト・モスもかつて所属したモデルエージェンシー「ストーム・モデル・マネジメント」に所属し、ファッションモデルとして活躍。また、シャネルやブルガリでのインターンを経て「Tatler」誌への寄稿者としても知られている。

2018年にはイビザ島のビーチでトップレス姿になっているところをパパラッチされている。そして恒例の「ブリティッシュ・ファッション・アワード」でも毎年シースルドレス姿を披露するなど大胆な王族として知られる。

【関連画像】シースルドレス姿を披露するレディ・アメリア・ウィンザー を見る

何よりも背中にはトラのタトゥーを入れ、エリザベス女王の国葬に胸元が大きく開いた喪服を着用して参列するなど、イギリス王室きってのフリーダムすぎる「風雲児」なのだ。

しかし、あまり「問題児」とされていないのも、その高貴な血筋ゆえ?

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

麻生自民副総裁、トランプ氏とNYで会談 米大統領選

ビジネス

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 株価急伸 四半期

ビジネス

中国当局、地方政府オフショア債への投資を調査=関係

ビジネス

TikTok米事業継続望む、新オーナーの下で=有力
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専…

  • 5

    シャーロット王女の「プロフェッショナルぶり」に賞…

  • 1

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    シャーロット王女の「プロフェッショナルぶり」に賞…

  • 4

    ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プ…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 5

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した日本アニメ30

特集:世界が愛した日本アニメ30

2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている