最新記事

英王室

公務での「肩出しルック」に批判...メーガン妃がオフショルダーを好む理由は「胴の長さ」だった?

Why Meghan Markle Loves an Off-the-Shoulder Fashion Moment

2023年10月15日(日)10時20分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃

Mike Segar-REUTERS

<王室を離脱した後も肩を露出するファッションをよく披露しているメーガン妃。あるコンプレックスが理由>

今月10日、「世界メンタルヘルスデー」に合わせてニューヨークで行われた「アーチウェル財団」主催のイベントにメーガン妃がヘンリー王子と出席し、SNS時代のメンタルウェルネスに関するシンポジウムに参加した。

メーガン妃は、アメリカのブランド「アルチュザラ(Altuzarra)」によるオーバーサイズのロールネックを特徴としたブレザーに幅広パンツを合わせ、髪をアップにしてゴールドの宝石に青と緑の石を組み合わせたシンプルなスタイルに。

【写真】メーガン妃の白い「アルチュザラ」の肩出し全身スタイル を見る

 
 
 
 

大胆な白いオフショルダーのブレザーとパンツルックで出席したメーガン妃だが、イギリス王室時代にもたびたび肩出しルックを披露し、そのセンスには定評がある。

【写真】メーガン妃の独身時代からの「肩出しルック」 を見る

しかし、通常は日中の公務では肩を露出しないことから、2018年にイギリス王室に入ってから初めて参加した女王の誕生日を祝う「トゥルーピング・ザ・カラー」のパレードで着用した「キャロライナ・ヘレラ(Carolina Herrera)」のピンクのオフショルダーのワンピースは非難を浴びている。

【写真】批判を受けた公務での「肩出しルック」 を見る

王室ファッション専門家のミランダ・ホルダーはメーガン妃が「バルドー・スタイル」、つまり肩出しファッションを好む理由について、次のように本誌に語った。

「メーガン妃はクラッシックでシックな「上流階級」ブランドであるディオールがお好きですが、古典的なハリウッドグラマーの雰囲気を与えてくれるだけでなく、スタイルを引き立ててくれます。首のラインは顔に視線を集めるだけでなく自然な美しさを引き出し、また「垂直スケール」、つまり胴体を長く見せる効果もあります」

キャサリン妃が胴と脚の長さのバランスが完璧であるに対し、メーガン妃は胴が短すぎるためにファッションセンスがおかしいと、これまでも何度か批判を受けたことがあるという。これについてホルダーは次のように述べる。

「オフショルダーによって胸と首のラインを視覚的に延ばすことができます。それによって胴を長く見せることができるため、胴体と脚のバランスを取ることができるのです。これは理想的な体型の錯覚を生み出して、ファッションを楽しむためのコツです」

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 2

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 3

    メーガン妃がヘンリー王子との「最後の楽しい夜遊び…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 2

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 4

    「私の心の王」...ヨルダン・ラーニア王妃が最愛の夫…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:姿なき侵略者 中国

特集:姿なき侵略者 中国

2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮