最新記事

モナコ

【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

Princess Charlene, Prince Albert Share A Kiss After Shutting Down Divorce Rumors

2022年06月28日(火)07時58分
キャサリン・アルメシン

5月に行われたF1モナコグランプリでの一家 Benoit Tessier-REUTERS

<アルベール2世大公の隠し子騒動、シャルレーヌ公妃の南アフリカ長期滞在など、不仲説が何度も浮上している夫妻。しかし、今年初めての海外公式訪問先ノルウェーで誰も予期していなかった仲睦まじい姿がキャッチされた>

モナコのシャルレーヌ公妃と夫アルベール2世大公は、7歳の双子のジャック公子とガブリエラ公女を連れてノルウェーを訪問。今年初めての海外公式訪問となった。

一家はオスロ市内のフラム博物館で開催された展覧会のオープニングに足を運び、ノルウェーのホーコン王太子と合流。不仲が伝えられる夫妻だが、博物館の外でキスを交わす姿が目撃された。

南アフリカ代表の元オリンピック水泳選手であったシャルレーヌ公妃は、昨年、耳鼻科の感染症により故郷・南アフリカに半年以上滞在し、何度も手術を受けている。去年11月にモナコに戻るも11月下旬にはスイスの専門施設での心身のストレスの治療のため、再びモナコを4カ月ほど離れている。

今年3月にモナコに戻った後に夫妻の不仲説が再燃し、シャルレーヌ公妃はモナコを離れるためにスイス・ジュネーブ郊外に家を購入したという報道も流れた。

しかし先月5月、この噂についてシャルレーヌ公妃は記者に対して、次のように述べた。

「皆さんは、私たちの離婚の噂、またはスイスの新居について話されたいようですね。一部のメディアが私の人生や人間関係について噂を流していることは今でも残念に思っています。皆さんと同様に私たちも人間であり、感情も欠点もあります。私たち家族はメディアにさらされ、わずかな欠点ですら報道されてしまうのです」

2021年7月、耳鼻科の感染症にかかり、2万フィート以上の高さを飛ぶことができないため、モナコにはすぐに戻れないことをシャルレーヌ公妃は説明していた。

それにもかかわらず、昨年、結婚10周年記念日を過ごすことができず、夫婦仲に亀裂が入ったとの噂が流れ、ドイツの「ブンテ」誌は公妃が南アフリカ・ヨハネスブルグ近郊で新居を探していると報道し、フランスの「パリ・マッチ」誌は公妃はもうモナコに戻るつもりはなく、夫妻はすでに生活を共にしていないと報道していた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、予想下回る雇用コストの伸び

ビジネス

米ペイパル、約2000人削減へ 従業員数の7%

ビジネス

米国株式市場=反発、ダウ368ドル高 賃金の伸び鈍

ビジネス

焦点:ルノーが日産に譲歩、仏側のメリット見えず

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 4

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 5

    テイラー・スウィフトの代表曲にちなんだ、元カレを…

  • 1

    「同じ色の服は着てはいけない」メーガン妃の訴えと…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    【英王室】ファッションに見る「現代のプリンセス」…

  • 4

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売