最新記事

プラチナ・ジュビリー

可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

Why Queen Elizabeth Kept Meeting With Prince Harry, Meghan Markle's Daughter Lilibet Short

2022年06月23日(木)12時05分
キャサリン・アルメシン

プラチナ・ジュビリーでのエリザベス女王(6月5日) Frank Augstein/Pool via REUTERS

<プラチナ・ジュビリー期間中、初めて曾孫のリリベットと対面したエリザベス女王だが、それでも長い時間を一緒に過ごすわけにはいかなかった>

エリザベス女王は即位70周年を記念するイベント「プラチナ・ジュビリー」で、自身の愛称にちなんで名付けられた曾孫のリリベットとついに初対面を果たした。だがその初対面の時間はわずか15分とも言わるほど短いものだった。女王にとって1歳の曾孫がかわいくないはずはないが、それでも対面時間を制限せざるを得ない理由があったようだ。

王室評論家でライター、コメンテーターのジョナサン・サセルドティはUSウィークリー誌に、ヘンリー王子とメーガン妃が3歳の息子アーチーと1歳の娘リリベットを連れてプラチナ・ジュビリー出席のため渡英したことについて語った。

ウィンザー城を訪問したサセックス公爵一家が、エリザベス女王と過ごした時間は長くても1時間未満だったと報じられている。これはヘンリー王子と王室メンバーの間に、今も強い緊張関係があることの証だとする声もあるが、サセルドティはそうではないと言う。

女王は可能な限りすべての行事に参加したかった

女王は「自身の体力を維持するのに全力を注いでいた」と、サセルドティは語る。「彼女は可能な限りすべてのイベントに参加したいという思いを持っていた。だからエネルギーをセーブしたいと考えるのは完全に道理にかなっている」「これは90代の人と赤ちゃんの話なのだから」

4日間におよぶ祝祭のため女王が体力を温存しなければならないと考えるのは当然だと、サセルドティは言う。「(そのおかげで女王は)何度も公の場に姿を見せることができた。素晴らしいことだ」

報道によれば、ヘンリー王子とメーガン妃の長女リリベットが曾祖母に初めて会ったのは、彼らがロンドンに到着した6月1日のこと。サセックス公爵一家はさらに、リリベットの誕生日である6月4日の前日に、ウィンザー城でエリザベス女王とより長い時間を過ごしたという。

体力を温存するために周到な準備を行っていたエリザベス女王だが、それでも96歳という年齢を考えると、「移動が困難」として3日に行われたセント・ポール大聖堂での礼拝など一部行事を欠席したのはやむを得ないだろう。なおヘンリー王子とメーガン妃も、女王が欠席した4日の祝賀コンサート「プラチナ・パーティ・アット・ザ・パレス」には姿を見せず、リリベットの誕生日パーティーを開いていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ロシュ、抗体抗がん剤複合体への投資拡大に懐疑的=C

ビジネス

再送-東芝あす株主総会、取締役選任案 アクティビス

ワールド

米ファイザー改良ワクチン、オミクロン株への免疫反応

ビジネス

ガルーダ・インドネシアの債務再編計画、裁判所承認

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売