注目のキーワード

最新記事

セレブ

キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」だけで済ます不自然さが話題に

Kim Kardashian Criticized For 'Fake Eating' In New Beyond Meat Ad: 'Seems So Fake'

2022年05月27日(金)11時56分
キャサリン・アルメシン

@beyondmeat/Instagram

<なぜ食べないのか? 食べたくないなら、なぜCM出演を受けたのか? それとも炎上狙い? カーダシアンの不自然すぎる「代替肉」CM>

植物由来の「代替肉」は、個人の健康問題から地球規模の食糧問題や環境問題まで、さまざまな理由から関心が高まっている。この分野にいち早く参入した食品メーカー「ビヨンドミート」だが、最近公開された動画広告が注目を集めている。出演している「お騒がせセレブ」キム・カーダシアンが、同社の製品を「食べるふり」だけして、実際にはまったく口に入れていないように見えるためだ。

実業家やモデルとしても活躍するカーダシアンだが、このほどビヨンドミートの「チーフ・テイスト・コンサルタント」に就任したとCMのなかで語る。「私はビヨンドミートが担うべき使命を強く信じており、そのため私が持つ最大の強みである『味覚』を生かしてお手伝いすることにしました」

Instagramで公開されたこのCMには、同社の植物由来の代替肉で作ったハンバーガーやミートボール、チキンナゲットなどの料理が次々に登場し、それをカーダシアンが食べるシーンが続く。口をもぐもぐと動かしながら満足そうな表情を浮かべたり、お代わりするようなジェスチャーを見せたりする彼女だが、よく見ると実際に食べ物を口の中に入れるシーンはひとつもないのだ。

@beyondmeat /Instagram


それでも彼女ほどの影響力は望めない?

半分に切られたハンバーガーを手に持ち、口をもぐもぐさせているシーンでは、ハンバーガーに噛んだ痕跡すら残っていない。これにネットユーザーたちは敏感に反応し、「ハンバーガー、1口も食べてないよね」「フェイクだ」といった声が上がった。

なぜカーダシアンが、このブランドの「顔」に選ばれたのか疑問視する人も多い。ヴィーガン(完全菜食主義者)で知られる有名人はほかにたくさんおり、彼らの方が植物由来の代替肉を宣伝するのにふさわしいのではないかというのだ。

「もっとふさわしい広報担当者を選ぶべきだ」「ヴィーガンで、地球の環境問題に取り組んでいる素晴らしいセレブはたくさんいるのに、なぜキムを選んだの? 彼女がふさわしいとは思えない」「ビヨンドの製品は大好きだったけど、広告でキムを見ることになるなんて本当にがっかり」といったコメントが寄せられ、不買運動を宣言する人も現れた。

とはいえ、カーダシアンはInstagramだけでも3億人のフォロワーを持つスーパーセレブであり、多くの人に向けて同社を宣伝するという意味では彼女ほどの適任者はいないかもしれない。「3億人以上のフォロワーに、植物由来の食事を勧めることができるのだから、どう考えても動物や自然環境にとっては勝利でしかない」「私たち全員のフォロワーを合わせても、彼女ほどのリーチを持つことはできない」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買

ビジネス

ルーブル、2%下落後持ち直す ロシア国債デフォルト

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

ワールド

豪炭素排出量、21年は1%近く増加 コロナ禍から経

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売