最新記事

英王室

チャールズ皇太子はウィリアム王子のために身を引くべき=英調査

2022年04月10日(日)14時30分
田中ゆう

REUTES

<英国人のほぼ半数が、ウィリアム王子が王になるためにチャールズ皇太子は身を引くべきだと考えていることが、調査で明らかに。また君主制廃止を望むのは44%>

グローバル・マーケティング・リサーチ会社 Ipsos(イプソス)は3月24日と25日にイギリスの成人2,055人を対象に、自国の君主制や、王室メンバー(アンドリュー、サセックス公爵夫妻を含む)に対する英国人の立場を聞く、インタビュー調査を実施した。

その結果、42%の人がチャールズ「チャールズ皇太子は息子のウィリアム王子に王位を譲るべき」だと考えている。そうではないと考える人は24%だった。29%はこの問題について特に関心を持っていないと回答した。

チャールズ皇太子夫妻へのヘイトは和らいだ

ただ、実務が絡むと違う数字も見えてくる。王室メンバーの働きぶりに関する質問で、「チャールズ皇太子は良い仕事をする」と考える人が48%。「まずまず」が27%。「良くない」という回答は19%にとどまった。

孫のウィリアム王子の方が王に相応しいとしながら、チャールズ皇太子の勤勉ぶりを英国民が認めていると言える。さらに、チャールズ皇太子を好意的に見る人は、2018年から11ポイント増え43%だった。妻のカミラ夫人に対しても、3分の1以上(36%)が好感を抱いているという。

とはいえ、上には上がいる。王室メンバーの好感度は、エリザベス女王(69%)、ウィリアム王子(64%)にキャサリン妃(60%)と、根強い人気を誇るお馴染みの面々が揃う。

この4年間のドタバタ劇で支持急落

magw210317-meghan-thumb-720xauto-242037.jpeg

Toby Melville-REUTERS 

上がいるということは下もいる。そう、ヘンリー王子夫妻だ。イプソスの調べによると、ハリー王子を好意的に見る人は30%で、2018年から35ポイントも減少した。妻のメーガンは同16ポイント減のわずか24%。この4年間のあらましを振り返れば、致し方ないだろう。

少し考えただけでも思い当たることが多すぎる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 4

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 5

    「戦うバービー」ではないドラマ『ブラザーズ・サン…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの