最新記事

女性問題

女性だけが受ける「生理による損失」...まずは経済的支援で不条理を正せ

THE HIDDEN TAX ON WOMEN

2021年05月20日(木)11時37分
アニタ・ダイヤマント(作家)

スコットランドで生理用品法案への支持を訴える人々 ANDREW MILLIGANーPA/AFLO

<女性というだけで数々の不利益が強いられている現状。女性だけが払う金銭負担のサポートは入り口にすぎない>

生理の貧困とは、生理用品はもちろん、清潔な水や衛生環境、生物学と生殖に関する教育など、生理に最低限必要なものにアクセスできないこと。しかしそれだけではない。さらに広範囲に及ぶ問題なのだ。

世界で常に8億人が生理の最中にある。前述したような最低限のものが手に入らないと、彼女たちは社会から取り残され、学校や仕事などの活動に周期的に参加できなくなる。

アニタ・ダイヤマントの新著『ピリオド─羽ばたく女性たち─ 』は、恥ずべきものとされやすい生理の問題の現状と、その解決に立ち上がる人々を取り上げている。2019年に同タイトルの映画でアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したプロデューサーのメリッサ・バートンも序文を寄せている。

ここでは本書からいわゆる「タンポン税」と、生理用品を必要とする人がもっと簡単に手に入れられるようにするための法制度に関する部分を編集して紹介する。

◇ ◇ ◇

日曜日の夜。今週の金曜日まで50ドルでしのがなければならない。きつきつだが、バス代を払い牛乳やスープの材料を買ったとしても、何とか間に合いそうだ。子供たちは学校で朝食と昼食が出るから助かる。そう思っていたら、長女が空になったタンポンの箱を持ってきた。

月曜日の朝。ベッドの中で今日の予定を考えている。数学のテストに、陸上部の実技試験。トイレットペーパーを丸めて下着の中に詰めておかなくちゃ。一日中、心配でたまらない。漏れたらどうしよう。落ちたらどうしよう。

この前、保健室にナプキンをもらいに行ったら、ないと言われた。友達にもらうのは気が引ける。もう頼めない。実技試験は諦めよう。数学のテストが終わるまでは、トイレットペーパーでもつかな。やっぱり学校は休もうかな──。

生理用品は高価だ。推計によると、ナプキン、タンポン、パンティーライナー、鎮痛剤、下着など、1人の女性が生理関連に払う費用は生涯で1万4680ドル。スーパーやドラッグストアに簡単に行けない貧しい地域では、さらに金額がかさむ。

生理の貧困は、あらゆる国のあらゆる地域に存在する。貧困の意味は人それぞれだ。タンポンが買えない、洗濯した布ナプキンを乾かす場所がない、手を洗うきれいな水がない、他人に見られないところでケアをするトイレがない、使った生理用品を捨てる場所がない......。

生理の貧困は、トイレットペーパーのように基本的なものを手に入れるために、小銭を数えるということだ。学校や仕事を休むということであり、繰り返せば仕事を失いかねない。数学で落第点を取って、補習を受け、時には退学せざるを得なくなるだろう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア軍に「脆弱性」、突如崩壊はない=英軍トップ

ビジネス

中銀介入は「信頼でも、協調的でもない」=BofA

ビジネス

ECB、インフレ抑制に強固な対応必要=シュナーベル

ワールド

G7外相「ロシアに一段の経済的代償」、4州併合受け

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 5

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    ボトックスで女性は本当に美しくなれる? 承認20年で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売