注目のキーワード

最新記事

孤独と脳の関係──想像を司る部分が発達、認知症リスクに影響か

2020年12月25日(金)15時45分
松丸さとみ

その結果、孤独を感じている人たちは、「思い出にふける」「将来を計画する」「他の人のことを考えたり想像したりする」といったことに関連する脳の部分である「デフォルト・ネットワーク」が密接につながっており、その部分の灰白質も厚いことが分かった。その理由として研究チームは、孤独な人たちが、想像力を使って過去の出来事を思い出したり、将来の希望を思い描いたりして、実際の社会的な交流の欠如を補っているからではないかとみている。

フロリダ大学のケネス・ヒールマン名誉教授(今回の研究には参加していない)は米CNNに対し、孤独を感じているときにこうした脳の部分が発達する一方で、使用しない部分が衰えるということかもしれないと説明する。

今回の研究の主執筆者である、マギル大学のネイサン・スプレング博士はCNNに対し、孤独が脳のどの部分に影響するのかを特定するという意味で、今回の研究は非常に重要だったと述べた。研究チームは現在、高齢者のサンプルを多数検証しており、そこからは、脳が加齢していく様子や、孤独の経験が脳の萎縮を加速しているであろう様子が見て取れるという。さらに新型コロナで引き起こされる孤独について同博士は、若い人と比べ高齢者にはもっと支援が必要かもしれないと話している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 6月のレイオフ急

ビジネス

インフレ動向不確かなら利上げ前倒しを=英中銀マン委

ビジネス

ECB、7月理事会でより大幅な利上げ巡り協議=議事

ビジネス

ユーロ圏分断化防止策が軌道に乗ることを確信=仏中央

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 2

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売