最新記事

ライフスタイル

水着で仕事をしている人もいた! 理想のテレワーク・ファッションとは

The Silver Lining of Quarantine Fashion

2020年08月17日(月)17時50分
シャノン・パラス

SolStock-iStock

<Tシャツ?スエット?それとも思い切って水着? 在宅勤務が長引きそうな今だから「巣ごもりワードローブ」を再検討>

最近、少なくとも3人の同僚が水着姿で仕事をしていることが判明した。「海パンは軽くて通気性がいいからね」と、ポッドキャストのプロデューサーを務めるダニエル・ シュローダーは言う。「下着をはく必要もないし」

彼が水着で仕事をしているのは、もちろん在宅テレワークだから。他の2人(匿名を希望)も、コロナ危機から生まれたトレンドだろうと言う。1人は寝坊した日に、たまたま水着が「クローゼットの目立つ場所にあったから」。もう1人は両親の家でテレワークをしたときに水着を試して以来、離れられなくなった。

筆者もこのトレンドに乗って、水着を仕事着にしてみた。そこそこ値段が高かったので、着るのを惜しんでいたワンピースの水着。もっと出番をつくりたいと思っていたから、ちょうどよかった。

私たちは巣ごもり生活の中で、さまざまなことに思いを巡らせている。自分について、愛する人について、そして社会や国家について。

在宅テレワークのときに何を着るべきかも、考えたいテーマの1つ。巣ごもり生活にまだ終わりが見えない今こそ、「巣ごもりワードローブ」を見直すべき時だ。

いま私たちは、大抵のことを家にいながらやっている。だから巣ごもりワードローブに加えるべきなのは、テレワーク用の仕事着だけでない。ズーム(Zoom)を通じて誰かと一緒にブランチをしたり、あるいはデートをしたりするときの服も選んでおくといいだろう。

私が働くスレート誌の同僚たちに、巣ごもりワードローブについて尋ねてみた。テクノロジーを扱うページ「フューチャー・テンス」の編集長トーリー・ボッシュは「今のワードローブは『昼のパジャマ』と『夜のパジャマ』の2種類かな」と言う。

調査・データ部門を率いるマーク・モージオーニは、3着のガウンを着回している。パジャマの上に着るコットン製、Tシャツと短パンの上にはシルク製、そして肌寒い夜に着る厚手のガウンだ。

いつも楽な服装で過ごせると分かれば、浮いたお金を見えない部分に回すこともできる。ニュース責任者のスーザン・マシューズは「着け心地のいいワイヤレスの『自粛生活ブラ』」を買ったという。

ハイヒールを履きたい

私もこれを機に、巣ごもりの「ユニフォーム」を決めた。仕事かプライベートかに関係なく、テレビ電話をするときは、いつも同じセーターをさっと着ることにしたのだ。暑くなってきた最近は、セーターからタンクトップに替えた。裾を結べば、いい具合にしわが寄って見た目が変わるので、2種類のタンクトップを着回している気分になる。

相手に見えない腰から下には、スポーツ用のものをはいている。涼しい時期にはGAPのスエットパンツ、今はトラックショーツだ。

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 5

    「英語下手」だった韓国人の英語力が向上したワケ

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!