最新記事

カルチャー

「史上最高」の一曲を携えて、The 1975がまたまた進化し始めた

Genre-bending The 1975 Is Back

2020年06月26日(金)19時00分
ケリー・ウィン(ジャーナリスト)

ヒーリー (写真中央)は時代に挑んだ

<深いテーマに分け入りつつメッセージ性を強めた新作について、ボーカルのマシュー・ヒーリーが語り尽くす>

イギリスのロックバンドThe 1975とファンの間には、デビュー当初から暗黙の了解がある。彼らはいくら変わっても許されるという了解だ。

だから、リードボーカルのマシュー・ヒーリーが「バンドは近いうちに解散する」と言っても、それを撤回して次々とアルバムを発表しても、ファンはすっかり慣れっこだ。

ヒーリーはファンを混乱させたいわけではない。別プロジェクトであるドライブ・ライク・アイ・ドゥの復活やゲーム音楽の制作など、やりたいことがあり過ぎるだけだ。

それでも最近はニューアルバムの制作に打ち込んでいて、5月22日には『仮定形に関する注釈』が発売された。予定より1年遅れの発売。それでも「ファンの期待度おり、期待を裏切るものにする」というヒーリーの言葉そのままに、バラエティーに富んだ曲が詰め込まれている。

幻想的なサウンドの「イフ・ユーア・トゥー・シャイ(レット・ミー・ノウ)」は、ファンが発売前の段階のアンケートで、このバンドの「史上最高」の一曲に選んだアップビートな作品だ。別れを歌った「トゥナイト(アイ・ウィッシュ・アイ・ワズ・ユ ア・ボーイ)」は、聴けば必ず昔の恋人を思い出す。

コロナ禍を予言した?

幸福感あふれるサウンドは相変わらずだが、進化の兆しもある。深みを増した曲のテーマは宗教や性、個人のアイデンティティー、人間関係やメンタルヘルスと広範囲に及び、メッセージ性を強めた。

NW_MTH_02.jpg

1年遅れで発表した新作 『仮定形に関する注釈』は名作の予感

ヒーリーとジョージ・ダニエル(ドラム)、アダム・ハン(ギター)、ロス・マクドナルド(べース)の4人から成るこのバンドは、ポップスの変革を牽引し、重いテーマも積極的に扱ってきた。

2018年の前作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』では、ヒーリーの薬物依存との闘いも取り上げた。

ドナルド・トランプ米大統領の発言を引用して政治的なメッセージを込めた「ラヴ・イット・イフ・ウィ・メイド・イット」は、音楽サイト「ピッチフォーク」で18年のべストソングに選ばれた。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、コロナ向け資産買取枠を全額利用へ 政策変更

ワールド

新型コロナ感染、都内で過去最多286人 東京発着は

ビジネス

コロナショック、経済構造変化の可能性無視できず=日

ワールド

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    「字幕を読めない人」がいることの本当の意味

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!