最新記事

映画

男たちには分かるまい  この『若草物語』は最高!

Cinema’s Greatest Little Women

2020年06月25日(木)16時30分
デーナ・スティーブンズ

女性に制約のあった時代にそれぞれの道を歩む4人を若手女優が好演

<時代を超えた女たちの愛読書を、豪華キャストで21世紀の銀幕に復活させた秀作>

「プレゼントのないクリスマスなんて、クリスマスじゃない」。ルイザ・メイ・オルコット作の『若草物語』は、おてんば娘ジョーのそんな言葉で始まる。グレタ・ガーウィグによる最新の映画版『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』にも同じせりふがあって、これもまた観客への素敵なプレゼントだ。

原作に比べて甘ったるく、衣装がやけに目立ち、若い娘の恋愛やばか騒ぎの描写ばかりという批判もあるだろう。しかしそんなことを言うのは男だけ。『若草物語』を何世代にもわたって読み継いできた女たちは気にしない。

19世紀当時の女性が置かれた状況を、ガーウィグ監督は的確に映し出す。例えば作家志望の次女ジョー(シアーシャ・ローナン)が「家庭内の些細な喜びや苦労」は文学のテーマにならないと言い切ると、いつもジョーと張り合う末っ子エイミー(フローレンス・ピュー)がすかさず切り返す。「違うよ。ちゃんと書けば重要なことになるんだ」

不安から静かな自信へ

平凡な人々の日常をつづったオルコットの『若草物語』は、フェミニズムを生き延びて若い女性の愛読書になった。しかも何度も映画化され(サイレント作品2本を含む)、キャサリン・ヘプバーン、エリザベス・テイラー、ウィノナ・ライダーなどのスターが出演して注目された。

とはいえ、ガーウィグ版ほど俳優陣が役柄にはまった例は見当たらない。とりわけジョーに振られる男ローリーを演じたティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)はパーフェクトだ。

シャラメには自然ないたずらっぽさが備わっている。ローナンとのケミストリーは性的なものというより、若い小動物のじゃれ合いのよう。金持ちお坊ちゃまの気だるさも素敵に醸し出す(ソファに横たわる姿の決まっていることといったら!)。

ニュース速報

ワールド

ロシア、コロナワクチン情報狙いサイバー攻撃か 英米

ワールド

米、カナダ・メキシコとの不要不急の渡航制限延長 8

ワールド

J&J、コロナワクチンの後期治験開始は9月の可能性

ビジネス

ポルトガル中銀総裁にセンテノ前財務相、20日就任

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    「字幕を読めない人」がいることの本当の意味

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!