最新記事

環境

ペットにミミズ!? 休校中の子供と一緒に環境問題考えるきっかけにも 

2020年05月05日(火)19時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

オーストリアのヴィッツェネダー兄弟が考案した木製椅子型ミミズコンポスト。木は同国産の針葉樹。乾燥した場所に置けば15年は使えるという © wurmkiste.at

<レジ袋が有料化される時代、生ゴミを減らしたい人にピッタリのペットがいる>

犬や猫、熱帯魚、鳥などペットは飼い主にとって、家族の一員だ。そんな一員にミミズが加わるとしたら? でも、なぜミミズ? ミミズに台所から出る生ごみを食べてもらい、堆肥化するためだ。

ミミズコンポストは、日本でも知られている。原理は簡単で、蓋をした容器をミミズの家にし、そこへ定期的に(1日に1回、3日に1回多めになど)生ごみを与えると、ミミズがそれを食べて堆肥になる。

もちろん、これだけでは世界で排出される膨大な生ごみの問題は解決できない。しかし、少しでも減らすことに貢献できる。最近、ヨーロッパでミミズを飼う人がじわじわ増えている。

パリでは、ミミズコンポストを無料配布

ヨーロッパ全体の状況を把握しているわけではないが、たとえばフランスのパリでは、「パリのコンポスト計画2016-2020」というゴミ軽減の一大プランが決まり、2017年から市民にミミズコンポストを無料配布している。同年に500個、翌年は1500個以上、昨年は1500個配布した。希望者が殺到し、ウェイティングリストもあったほどだ。今年は秋に配布が予定されている。

オーストリアでは、ワームシステムズ社(Wurmkiste.at)が木製椅子型コンポスト「ヴルムキステ」を考案して人気を集めている。蓋にクッションが付いて座部になり、底には車輪が付いていて移動が楽だ。

2015年に設立し、2020年3月までにウィーンだけで2000個以上を販売した。注文は増える一方で、オーストリア以外にも広がり、周辺国、アメリカ、アジアからも注文がある。

スイスでは、スタートアップが陶器製の「ワームアップ」を販売し、4,5年前から注目を浴びている。ミミズコンポストはプラスチック製が多いので、陶器製は目を引く。

チェコでは、同国の著名インテリアデザイナーがデザインしたミミズコンポスト「ウルバライブ」を製造している。権威あるデザイン賞として名高いドイツの「レッドドットデザイン賞」を2017年に受賞し、他国でも好評を得ている。

デザインを重視したため、確かにお洒落。ベージュ、黄緑、グレー、茶の4色から色が選べるというのもミミズコンポストではあまりない。

ミミズコンポストは手作りも可能だ。市販品は小型なものが多く、キッチン、リビングルーム、バルコニーにも置けるので、家が狭くても大丈夫だ。上記のメーカーには「初めて堆肥を収穫できた」「子供がとても喜んでいる」「すごくいいアイデアで環境のことを考えるうえで刺激を受けている」「自作品よりお洒落でいい」といった声が多数届いている。

ニュース速報

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

ワールド

韓国サムスン電子の李健煕会長が死去、最大財閥で存在

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!