最新記事

子育て

世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグレクト

2020年03月03日(火)16時10分
船津徹

<13歳未満の子どもを一人にさせない、この明確な原則のせいで過剰に過保護な親が増えてしまったアメリカ。一方、しつけと虐待の境界線がグレーな日本>

カリフォルニア州に住む母親が、自宅アパートの敷地内で4歳の子どもを一人で遊ばせていたところ、近隣住人に通報され警察に逮捕されました。ハワイに観光に来ていた日本人の母親が、小学生の子どもをホテルの部屋に置いたまま買い物に出かけたところ、ルームキーパーに通報され警察で取り調べを受けました。

アメリカでは子どもの安全は社会全体が守るものという考えが強くあり、犯罪や虐待のサインは見逃さない、見て見ぬふりしない、疑わしきは通報するという意識が人々に浸透しています。もちろん保護責任者である親には、子どもの生命を守る義務があり、それを怠ればペナルティーが課されます。

日本の親はアメリカ基準では全員ネグレクト!

2014年の米国保健省の資料を見ると、全米の児童虐待相談件数は年間約360万件で、そのうち虐待を受けたと認定された子どもは70万2000人に上っています。虐待死も年間約1500人で、一日平均4人以上の子どもが保護者による虐待で亡くなっています。

子どもの虐待には、身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)があります。アメリカで最も多いのがネグレクトです。子どもを一人で留守番させたり、一人で遊ばせたり、満足に食事を与えなかったり、何日もお風呂に入れなかったりすれば、ネグレクトと見なされます。

ネグレクトの定義や罰則は州によって異なりますが、一般にアメリカでは「13歳未満の子どもを一人にさせないこと」が常識となっています。家の中であっても、子どもを一人で留守番させていると、近隣住民からネグレクトの疑いをかけられることになります。

日本では子どもが一人で電車やバスで登下校したり、一人で留守番したり、夜中に塾から一人で帰ってきたり、親の監督なしで友だちと外で遊ぶことは普通ですが、アメリカでは100%ネグレクトの疑いがかけられ、親は取り調べを受けることになります。

ニュース速報

ワールド

G20エネルギー相会合を10日開催、世界的な協調促

ワールド

ノルウェー、コロナ抑制策解除に着手 幼稚園・学校再

ビジネス

米財務長官、中小企業に冷静な対応呼び掛け 「支援資

ワールド

サウジ、新型コロナ感染最大20万人も 主要都市で2

RANKING

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    日本と雲泥の差。「神が守る」と言う人も現れはじめ…

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!