最新記事

サイエンス

最も不安に駆られるのは大卒者 脳が不安に支配されるのはなぜ?

THE ANXIOUS BRAIN

2020年01月09日(木)18時05分
アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)

wildpixel-iStock

<将来への漠然とした心細さはどこから生まれるのか。「心配性の脳」の秘密を探る研究の最前線をのぞいてみた>

現代が不安の時代だと言うなら、中世はどうだったか考えてみてほしい──不安の神経科学の権威で、2015年に不安の脳科学的メカニズムを論じた著書『不安(Anxious)』を上梓したニューヨーク大学教授のジョセフ・ルドゥーはそう言う。「うんと生きづらい時代だっただろう。疫病、貧困、そして生活上のストレス」

ルドゥーは著書でも述べている。人間はいつの時代にも「今は不安の時代だ」と考えるものだ、と。

「人間は自分の不安に執着する。自分のものだから、特別なものだと思うのだ」と、ルドゥーは説明した。「それが不安の本質だ。不安にとらわれると、それだけで頭がいっぱいになる。そうなると、ほかの人たちも不安を抱いていると気付く余裕もなくなる」

私は「なるほど」とうなずきはしたが、完全には納得できなかった。

その日、彼の研究室に早めに到着した私は彼が現れるのを待つ間、スマートフォンをいじっていた。画面にはニュースが次々に現れた。「地球の肺」と呼ばれるアマゾンの森林で火災が広がり、地球温暖化に拍車が掛かりそうだ、米中貿易戦争はエスカレートの一途、ダウ平均が大幅に下落、テキサス州でまたも銃乱射事件......。

こうしたニュースがわが子と地球の将来、そして自分の401k(確定拠出型年金)に及ぼす影響を考えていると、ニューズウィークの編集者からテキストメッセージが来た。不安についての今回の記事を早めに仕上げてもらえないか、3日後ではどうか、と。

今を「不安の時代」と呼ばずして、何と呼べばいい?

ただルドゥーの言うとおり、将来に不安を抱いているのは私だけではない(私だけだと思いがちだが)。実際、米国精神医学会が 年5月に発表した調査結果によれば、「非常に」と「やや」を合わせると、アメリカ人の3人に2人が自分の健康と金銭面、自分と家族の安全に不安を抱いている。ちなみに、この割合は前年と同じだ。

この傾向は若い成人に顕著で、18〜34歳の70%が金銭面と家族の安全に、3人に2人(55歳以上では40%)がパートナーや恋人との関係に不安を感じ、約20%がクリニックなどを訪れている。

「無意識」が不安に果たす役割

複数の報告を見ると、大卒者は最も不安に駆られている。

米国心理学会の18年秋の報告では、1997年以降生まれのZ世代はどの世代より心の健康状態が悪く、91%が鬱や不安など、ストレスに関連した身体的・心理的症状を経験してた。別の調査では、過去1年間に「圧倒的な不安」に苦しんだ大学生の割合は63%。大学のカウンセリングセンターを訪れる学生の数も2009〜15年に30%以上増えている。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!