最新記事

ウェルネス

美容・健康グッズ、片っ端から試して学んだ最大の事実

My Year of Fancy Wellness Products

2019年12月16日(月)16時30分
シャノン・パラス(科学ジャーナリスト)

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE

<宣伝文句どおりの効果は本当にあるのか? 実際のところを調べて試してたどり着いたのは超シンプルな結論だった>

この1年、私はオンライン誌スレートに美容・健康グッズを評価するコラムを書いてきた。題して「Well,Actually (でも本当は)」。お肌や体に「いい」とされる商品を片っ端から集めて、もちろん素敵な宣伝文句はうのみにせず、文献を調べて専門家に話を聞き、自分で試して判定を下してきた。

そこから学んだ最大の事実は、まあ最初から分かっていたことだけれど、この世に奇跡の妙薬など存在しないということ。ほかにも多くの教訓を得たと思うが、それをうまく説明するのは難しい。

新商品は次から次と出てくるし、私たちの購買意欲を刺激する広告や紹介記事もあふれている。でも、そういうものを買うべきかと問われたら、たいていの場合、肩をすくめてみせるしかない。もちろん、本当にひどい商品には駄目出 しをする。でもたいていは、こんな言い方になってしまう。

「悪くないけど、格別に良くもない」。その香りが好きで自分の肌に合うと思い、捨ててもいいお金があるのなら、買えばいい。

体に良さそうなものを見つけるのは楽しいし、買っただけで満足するかもしれない。でも、それが本当に自分に効くかどうかは自分にしか分からない。だから、商品テストのコラムニストが書くことを安易に信じてはいけない。私もいろんな商品について「試してみる価値あり」と書いて推奨してきた。しかし、実際に自分が今も使い続けているものはほんの少しだ。

評価を信用しなくなった

グロッシアーのリップバームは「ヴァセリンと変わらない」と評価したけれど、あれから何カ月もたった今も、私のメーク用品の棚にはグロッシアーのチューブがある。

フィットネス事業を展開するペロトンのトレッドミル(ランニングマシン)を試した後は、実際にトレッドミルのレッスンに申し込みをした (ペロトンではなく自宅近くのスタジオだが)。45分間、快適レベルを優に超えても走り続けるのが(しかも1レッスン35ドル払って)楽しいか、拷問と感じるかはその人次第。1年前の私なら、そんなのはお金の無駄と切り捨てただろう。でも実を言うと、私は今も続けている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 1

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    1Dはグループとしてシングル1位になれなかったのに..…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!