最新記事

バチカン

36年前の失踪少女をめぐるバチカンの闇

2019年07月31日(水)17時10分
ケリー・ウィン

オルランディはどこに消えたのか(写真は2011年) REUTERS

<家族の元に届いた匿名の手紙と天使像の写真。「天使が指さすところを見よ」という文面を受けて、事態は再び動き出した>

1983年、バチカン市国在住の少女エマヌエラ・オルランディ(15)がローマでの音楽レッスンの帰りにこつぜんと姿を消した。オルランディの父親が法王庁職員だったこともあり、バチカンの関与から国際テロ説までさまざまな臆測が飛び交ったが、少女の行方は分からないまま36年がたった。

事態が再び動きだしたきっかけは今年3月、家族の元に匿名の手紙と天使像の写真が届いたこと。「天使が指さすところを見よ」という文面を受けて、捜査当局は7月11日、バチカン市内のテウトニコ墓地にある王女2人の墓を掘り起こしたが、中身は空だった。ところがその後、地下に2つの納骨堂が見つかり、その中から数千の骨が発見された。法医学者は数十人分の人骨である可能性を示唆している。

この中にオルランディの遺骨は含まれているのか。捜査当局は骨のDNA鑑定と年代測定を行う予定だが、もしも比較的最近の骨が発見され、それがオルランディのものでないと判明すれば、一体誰の骨なのか。謎は深まる一方だ。

【参考記事】バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在
【参考記事】避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。

[2019年8月 6日号掲載]

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!