最新記事

バチカン

バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

2019年05月23日(木)18時25分
カラム・ペイトン

性的虐待スキャンダルに続き、今度は隠し子問題 MUHAMMAD HAMEDーREUTERS

バチカンのカトリック教会を、再びスキャンダルが襲った。独身を誓ったはずの神父が子供を儲けた場合の対応について、秘密のガイドラインが存在してい ることを教会側が認めたのだ。

ガイドラインの存在は、自身の生物学的な父親が神父であると知った、アイルランド人男性のビンセント・ドイルによって明かされた。心理療法士である ドイルは、自分のような神父の子供を助けるための支援組織を立ち上げた。そのドイルに、ある大司教がこのガイドラインを見せてきたという。この話を報 じるに当たってニューヨーク・ タイムズ紙がカトリック教会に問い合わせたところ、教会側は内部文書として確かに存在すると回答した。

ガイドラインが呼ぶところの「聖職者の子供たち」には、神父と一般の女性もしくは修道女の間に生まれた子供もいれば、 レイプや性暴力の結果生まれた子供もいるが、その推定数すら明らかになっていない。ガイド ラインは聖職者に対して教会を離れ、「他人を排して」子供を世話することを求めている。

【参考記事】避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?
【参考記事】ローマ法王が中国と握手して「悪魔の取引」を結ぶ日
【参考記事】バチカンNo.3の「聖人」、性的虐待で起訴 
【参考記事】カトリック教会に盾突いた記者魂


20190528cover-200.jpg
※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


[2019年3月 5日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:九州の豪雨でトヨタ、マツダなどの工場が

ワールド

アングル:事故は減っても死亡率上昇、新型コロナの交

ワールド

供給網に重大な影響ない見通し、引き続き情報収集=大

ワールド

ブラジル大統領、新型コロナ再検査 肺は「きれい」

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!