最新記事

バチカン

バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

2019年05月23日(木)18時25分
カラム・ペイトン

性的虐待スキャンダルに続き、今度は隠し子問題 MUHAMMAD HAMEDーREUTERS

バチカンのカトリック教会を、再びスキャンダルが襲った。独身を誓ったはずの神父が子供を儲けた場合の対応について、秘密のガイドラインが存在してい ることを教会側が認めたのだ。

ガイドラインの存在は、自身の生物学的な父親が神父であると知った、アイルランド人男性のビンセント・ドイルによって明かされた。心理療法士である ドイルは、自分のような神父の子供を助けるための支援組織を立ち上げた。そのドイルに、ある大司教がこのガイドラインを見せてきたという。この話を報 じるに当たってニューヨーク・ タイムズ紙がカトリック教会に問い合わせたところ、教会側は内部文書として確かに存在すると回答した。

ガイドラインが呼ぶところの「聖職者の子供たち」には、神父と一般の女性もしくは修道女の間に生まれた子供もいれば、 レイプや性暴力の結果生まれた子供もいるが、その推定数すら明らかになっていない。ガイド ラインは聖職者に対して教会を離れ、「他人を排して」子供を世話することを求めている。

【参考記事】避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?
【参考記事】ローマ法王が中国と握手して「悪魔の取引」を結ぶ日
【参考記事】バチカンNo.3の「聖人」、性的虐待で起訴 
【参考記事】カトリック教会に盾突いた記者魂


20190528cover-200.jpg
※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


[2019年3月 5日号掲載]

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    環境問題と貧困は「1日おきのうんち」で解決する …

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!