最新記事

ヘルス

避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

2019年04月22日(月)17時00分
カシュミラ・ガンダー

これからは毎日避妊できる? AREEYA_ANN/ISTOCKPHOTO

経口避妊薬を飲む場合、3週間服用後に1週間は休薬──常識とされているこの服用法が、 実は宗教上避妊を認めないバチカンへの配慮だったことが明らかになった。

休薬中は生理に似た出血「消退出血」が起きるが、こうした出血や休薬は健康効果がないと、 英王立産婦人科医協会の「性と生殖のヘルスケア部会」が新指針を示した。休薬中の頭痛やけいれんに悩む女性には朗報だ。

ロンドン大学のジョン・ギルボー教授は、50年代に産婦人科医ジョン・ロックが休薬を提言したのは、「ローマ法王(教皇) が避妊薬を受け入れ、カトリック教徒が使えるようにするため」と、述べている。「ロックは休薬で生理周期を確保すれば 受け入れられる」と考えたようだが、結局は拒否された。

piru01-913750104 .jpg
LightFieldStudios-iStock

正しく服用すれば99%避妊できるが、利用者の9%は服用開始から1年以内に妊娠する。「休薬期間前後に服薬を忘れるため」と、産婦人科医のダイアナ・マンスールは説明する。新指針は休薬期間を4日ほどに減らすことを提言している。

【参考記事】男性にもある「妊娠適齢期」 精子の老化が子供のオタク化の原因に?

【参考記事】コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル「供給できる可能性は高い」

[2019年2月 5日号掲載]

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 4

    バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 3

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!