最新記事

ヘルス

まぶたの日焼け止め塗り忘れにご用心! 英で最も多い皮膚がんはまぶたに

2019年04月08日(月)18時00分
松丸さとみ

さらに、塗り忘れる可能性が高いまぶただけを見ると、日焼け止め剤の場合はまぶたの14%を塗りそこなっていたが、乳液タイプは塗りそこなった部分が21%に達していた。リバプール大学の発表文によると、まぶたは皮膚がんが最も発生しやすい場所だ。

インディペンデント紙は、まぶたが太陽の光を過剰に浴びると、「基底細胞がん」につながる恐れがあるとしている。基底細胞がんは英国では最もよく見られるタイプの皮膚がんだという。

UVブロック効果のあるサングラスを活用しよう

研究チームによるとさらに、実験参加者が乳液タイプを塗る時には、日焼け止め剤ほど重ね塗りしなかったことが分かったという。つまり、重ね塗りをあまりしない乳液タイプの方が日焼け止めの効果が薄くなる。

「自分がどれほどうまく塗ったと思うか」との問いには、日焼け止め剤の場合は90%の人が「うまく塗れた」と答え、実際にどれだけ塗れたかの画像(前述の特殊なカメラで撮ったもの)を見せられると、この答えは42%に低下した。また乳液タイプの場合も、写真を見る前と見た後では85%から38%に低下した。つまり「うまく塗れていると思っても実際はきちんと塗れていない」ことを示している。

調査チームのオースチン・マコーミック氏は、「日焼け止め剤でも乳液タイプでも、目の周り、特に鼻の近くは忘れがちです」と説明する。「UVブロック効果のあるサングラスなど、日焼け止め以外でもまぶたを紫外線から守る方法を考えた方がいいでしょう。乳液タイプだと日焼け止め剤と比べしっかり塗れていないようなので、太陽の光を長時間浴びるような場合は、従来型の日焼け止め剤を使うことをお勧めします」と話している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

原油先物2%超上昇、石油在庫減少で

ワールド

定期歯科検診先送りを、コロナ市内感染の発生地域で=

ビジネス

トランプ米大統領、選挙後の国防長官解任巡り内密に協

ビジネス

米10年債入札、最高落札利回り0.677%と過去最

RANKING

  • 1

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!