最新記事

ヘルス

まぶたの日焼け止め塗り忘れにご用心! 英で最も多い皮膚がんはまぶたに

2019年04月08日(月)18時00分
松丸さとみ

さらに、塗り忘れる可能性が高いまぶただけを見ると、日焼け止め剤の場合はまぶたの14%を塗りそこなっていたが、乳液タイプは塗りそこなった部分が21%に達していた。リバプール大学の発表文によると、まぶたは皮膚がんが最も発生しやすい場所だ。

インディペンデント紙は、まぶたが太陽の光を過剰に浴びると、「基底細胞がん」につながる恐れがあるとしている。基底細胞がんは英国では最もよく見られるタイプの皮膚がんだという。

UVブロック効果のあるサングラスを活用しよう

研究チームによるとさらに、実験参加者が乳液タイプを塗る時には、日焼け止め剤ほど重ね塗りしなかったことが分かったという。つまり、重ね塗りをあまりしない乳液タイプの方が日焼け止めの効果が薄くなる。

「自分がどれほどうまく塗ったと思うか」との問いには、日焼け止め剤の場合は90%の人が「うまく塗れた」と答え、実際にどれだけ塗れたかの画像(前述の特殊なカメラで撮ったもの)を見せられると、この答えは42%に低下した。また乳液タイプの場合も、写真を見る前と見た後では85%から38%に低下した。つまり「うまく塗れていると思っても実際はきちんと塗れていない」ことを示している。

調査チームのオースチン・マコーミック氏は、「日焼け止め剤でも乳液タイプでも、目の周り、特に鼻の近くは忘れがちです」と説明する。「UVブロック効果のあるサングラスなど、日焼け止め以外でもまぶたを紫外線から守る方法を考えた方がいいでしょう。乳液タイプだと日焼け止め剤と比べしっかり塗れていないようなので、太陽の光を長時間浴びるような場合は、従来型の日焼け止め剤を使うことをお勧めします」と話している。

RANKING

  • 1

    政治家が意図せざる「猫フィルター」付きで生中継 …

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうにな…

  • 4

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 2

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    片付けの魔法で急増する古着ゴミ ガーナを悩ませる…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!