最新記事

日本文化

ロンドンで今人気の日本とは? 「日本人が見せたい」から「外国人が見たい」発信へ

2018年12月25日(火)15時45分
冨久岡ナヲ(イギリス在住ジャーナリスト)

一等地にオープンした複合的な施設ジャパン・ハウス・ロンドン (Photo:Nao Fukuoka)

<イギリス・ロンドンで日本関連のふたつの施設が盛況だ。日本文化を海外に発信する活動は、従来の一方通行からより現地で消化されやすい形へと変わっているようだ>

今年、ロンドンにはふたつの大きな日本関連の商業施設がオープンした。ひとつはジャパン・ハウス・ロンドン。ハロッズなど高級百貨店がならぶショッピングエリアに近い一等地の大きなビルの中に、セレクトショップ、緑茶バー、展示とイベント用スペース、図書館、レストランを擁する複合的な施設だ。外務省が主導し民間企業が運営するというユニークな体制で、サンパウロとロサンゼルスに続きこの6月にオープンした。

扉を開いてから2ヶ月半で、なんと13万人近い来場者が訪れたという。高い人気の秘密はまず、日本人ではないディレクターを据え、現地会社にその運営を任せているところだろう。現地目線で展示テーマや販売する品物が選ばれ、説明や展示のしかたもイギリス人にアピールするスタイルとなっている。

イギリス人の視点からアピールする日本

外から見た日本の魅力というのは、日本に住む日本人が想像することとはかなり異なっていることが多い。「それは、日本の人が外国の文化を見た場合にも同じことが言えますよね。」と指摘するのはジャパン・ハウス・ロンドンのマーケティング・ディレクター、カイリー・クラーク。

たとえばイギリスの「ピーターラビット」は、日本人に圧倒的な人気がある。絵本の作者の故郷である湖水地方には大勢の観光客が押しかけ地元経済に貢献しているが、イギリス人にはどこがそんなに魅力的なのかと首をかしげる。 そして自分たちが誇る「真の湖水地方名物」、美しい丘陵風景への興味の低さにがっかりしたり、日本人にはイギリスの本当の良さが理解できないなどと憤ったりするのだ。

「ですから、ジャパン・ハウス・ロンドンは日本のいいものを並べるだけではなく、日本生まれの創造感性、発想、技術などが世界に与えるメリットを感じてもらう場でもあり、見せる側と見る側のインタラクティブなコミュニケーションを推し進めています」(クラーク)。これまでになかった方向性だ。政府の取り組み、という堅苦しい印象をまったく感じさせないブランディングも成功の秘密のひとつだろう。

Japanhouse2-720.jpg

現地目線で展示テーマや販売する品物が選ばれるジャパン・ハウス・ロンドンは連日盛況だ (Photo:Nao Fukuoka)

RANKING

  • 1

    ジャスティン・ビーバー夫妻は意外と古風だった!? …

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    夫と死別し投資の大切さを啓蒙──美人ブロガーが明か…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    ロンドンで今人気の日本とは? 「日本人が見せたい…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    ジャスティン・ビーバー夫妻は意外と古風だった!? …

  • 4

    「老化細胞を破壊すれば長生きできる」 アメリカの…

  • 5

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!