最新記事

格差

「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人々の叫び──反マクロン・デモ、怒りの真相

2018年12月04日(火)18時10分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

3週目に突入した今回の大規模デモでは、一部暴徒化したデモ参加者などにより、数々のパリの観光名所が衝突の舞台となった。11月24日に大規模な抗議活動があったシャンゼリゼ通りでは、治安当局が通行規制をした。一方で、暴徒化したデモ参加者が、第一次世界大戦の無名兵士が眠る凱旋門に落書きをし、館内に侵入、マリアンヌ像を破壊するなどした。

02-nww-181204.jpg
凱旋門付近の破壊されたバス停(Photo: Jérémie Hallez)

03-nww-181204.jpg
凱旋門付近で放火された車(Photo: Jérémie Hallez)

現地紙ル・モンドによると、高級ブティックが軒を連ねるフォーブル・サントノレ通りの警察所は破壊され、パリのある場所では警察車両からH&K G36(ライフル銃)が盗まれたという。高級5ツ星ホテル「ペニンシュラ」があるクレベール通りでは暴徒化した参加者が車に放火、「この悪党め」と叫びながら銀行を破壊した。その他パリ各地で、スーパーマーケットから酒類などの略奪、車両や建物などの放火や、レストランの破壊なども見られた。

クリスマスシーズンで賑わう「シャネル」、「ディオール」などの高級ブランドショップのガラスも破壊されたという。老舗百貨店「プランタン」や「ギャラリー・ラファイエット」の客は一時避難した。

記者がパリ・オペラ座からデモ隊を追った際は、「マクロン退陣」、「みんな一緒に」と叫びながら行進をするのみで穏健な印象だった。

ニュース速報

ワールド

米政権、コロナ追加対策法案の週内合意目指す 「昼夜

ビジネス

豪航空ヴァージン、従業員の3分の1削減へ 短距離便

ビジネス

日産、バルセロナ工場の労組が閉鎖延期案を拒否

ワールド

ポーランド、新規コロナ感染者が最多に 鉱山で流行再

RANKING

  • 1

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 5

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!