最新記事

海外ドラマ

名人は危うきに遊ぶ──組織におけるキレッキレの遊泳術は『ハウス・オブ・カード』に学べ

2018年11月01日(木)17時45分
小堀栄之(経済ライター)

ウソや脅迫のオンパレード

そのフランシスは、州知事だったギャレット・ウォーカー大統領の当選に尽力し、新政権では国務長官に指名される約束だった。その約束を反故にされたことからフランシスの復讐劇が始まるわけだが、それ以降の暴れっぷりはトリックスターそのもの。

自分の代わりに選ばれた国務長官候補を失脚させることなど序の口で、腹心にして側近のダグ・スタンパーや手駒の若手議員ピーター・ルッソ、リークを提供する新聞記者ゾーイ・バーンズだけでなく、時には妻のクレア・アンダーウッド(ロビン・ライト)までも総動員してウソや脅迫、罠を次々に繰り出す。

民主党の有能な幹部として、教育法案をはじめとする難題をこなすフランシス。その裏では、ウォーカー大統領や女性首席補佐官のリンダ・バスケスが中心となって構築する「秩序」を攪乱し、揺さぶりをかけているのもフランシスだ。典型的なエリートタイプのウォーカーやリンダが、フランシスの計略にはまり孤立させられ疑心暗鬼に陥る様子は、見ていて時折気の毒になるほどだ。

この世で一番恐ろしいのは「人間」か

たびたび大統領から裏切りの疑いをかけられながら、フランシスは本音を決して明かさない。政権や議会の中枢を相手に回し、相反する立場の危うい均衡を保ち続ける様子はスリルに満ちる。

「名人は危うきに遊ぶ」という言葉があるが、表と裏を行き来する彼の「遊泳術」が、シーズン1から2にかけての見所の一つだろう。

そもそも、ドラマの中でフランシスの本音が明確に示されることは少ない。ドラマのはじめで「復讐」を誓ってからも、実は誰に対して・どのように実行していくかは明かされないまま物語は進む。

ドラマを見る側は、回が進むうちに「タネ明かし」に納得したり驚いたりすると同時に、新たに提示される謎にも直面し、引き込まれていく。ドラマでは、フランシスが読者に語りかけるシーンが所々挟み込まれるが、それすらも本心なのか――「名人」の心中は計り知れない。

【第2弾】夫婦でも、無条件の献身はありえない──人気の海外ドラマが描くエリート夫婦の「共闘関係」とは?
【第3弾】『ハウス・オブ・カード』が単なる政治劇でなく、「何かを成し遂げる」魅力的な仕事人たちのドラマである理由
【参考記事】『ハウス・オブ・カード』が変えるドラマの法則

("House of Cards"公式アカウントより)

ニュース速報

ビジネス

クレディ・スイス、利益率目標引き下げ 投資銀行部門

ビジネス

ボーイング737MAX、年内の運航再開認めず=米F

ワールド

インタビュー:アラムコ上場、サウジの石油依存脱却に

ワールド

トランプ米大統領の弾劾裁判、1月開始の公算=上院共

RANKING

  • 1

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 2

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!