最新記事

心理

アプリ加工した自撮りの顔になりたい......美容整形も辞さない「スナチャ異形症」

The “Snapchat Effect“

2018年11月01日(木)16時00分
スコッティ・アンドルー

ソーシャルメディアと写真加工アプリが「現実にはあり得ない美」の欲望をあおる TARA MOOREーTAXI/GETTY IMAGES

<周囲と自分を比べ、外見をバーチャルに加工して他人の承認を渇望する。SNSを「中毒性の鏡」と指摘する専門家も>

写真共有アプリのスナップチャットや顔写真加工アプリのフェイスチューンは若い世代になくてはならないツールだが、危険なトレンドを生んでいるかもしれない。過剰にデジタル加工した自分の外見を、現実より好む若者が増えているのだ。

ボストン大学の皮膚科学の研究チームが米国医師会の顔面美容整形専門誌に発表した論説によると、美容整形医の55%が、自撮り写真の見栄えをよくするために顔の施術を希望する患者がいると報告している。ソーシャルメディアと写真加工アプリが生んだ、現実には達成不可能な美しさを追い求める「スナップチャット異形症」だ。

【参考記事】イタイ「自撮り」に隠された本音 他に手段のない女性たち

従来の美容整形は、セレブの顔に似せたい人が多かった。しかし、写真加工アプリを使えば誰でも簡単に自分をセレブに似せたり、均整の取れた顔に修正したりできるようになった。

そこで最近は、鼻筋を細く、目を大きく、唇を分厚く加工した画像に、実物を似せようとする人が増えている。「加工した自撮り写真は実現不可能なものが多く、現実と空想の境が曖昧になっている危険な傾向だ」と、研究チームは指摘する。

17年にアメリカで実施された美容整形手術(プチ整形を含む)は1750万件で、前年比2%増。豊胸、脂肪吸引、鼻の整形の順に多いが、最近特に増えているのが左右非対称の鼻や顔を修正する施術だ。

15年の調査によると、加工アプリを使っている10代の女性は自分の外見に不満を持ちやすく、体重や体形を実際より太めに評価して食事を制限しがちだ。

【参考記事】「誰かに認められたい」10代の少女たちの危うい心理

ニュース速報

ビジネス

米、コダックへの政府融資巡り調査実施へ=トランプ大

ワールド

米政権、コロナ追加対策法案の週内合意目指す 「昼夜

ビジネス

豪航空ヴァージン、従業員の3分の1削減へ 短距離便

ビジネス

日産、バルセロナ工場の労組が閉鎖延期案を拒否

RANKING

  • 1

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 5

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!