最新記事

中国

現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

2018年07月06日(金)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「肩関節を脱臼した記憶はあるか?」

国を越えて個人間でまともに連絡が取れない時代でもなかったが、何せカイリーが覚えていた手掛かりは少なく、すぐに再会に繋がるような動きはなかった。

しかし、さすが現代社会。離散した親子の再会を支援するサイト「Baobeihuijia.com」にカイリーがコンタクトしたことをきっかけに、中国メディアがカイリーの「迷子ストーリー」を取り上げ、これを目にした実父のリョウはピンときた。今年5月にSNSを通じカイリーに連絡を入れた。

実父からカイリーにした質問は「鼻にホクロがあるか」「昔劇場から落ちて肩関節を脱臼した記憶はあるか」など。1問目から、カイリーの答えは全て「イエス」だった。カイリーは泣きながら言った。「あなたが私のお父さんです!」

実父はすぐさま警察に助けを求め、カイリーが養子縁組前に中国のデータベースに残していたDNAデータを確認。すると見事に一致していることが判明した。

来る7月1日、広州白雲国際空港でカイリーは遂に本当の家族と抱き合った。そこからバスで2時間離れた仏山市にある5歳まで住んでいた家に足を踏み入れると、多くの親族や知人が集まっていた。カイリーは、実に13年かけて帰宅を果たした。

中山デイリー紙によると、カイリーはアメリカの大学に進学するが、大学が始まる前に広東省雷州市に住む祖父母にも会いに行く予定。いずれは中国に戻って勉強をし、生みの親や親族との交流を深めていきたいと話しているそうだ。

RANKING

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 3

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 4

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 5

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 3

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 4

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 5

    パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!