最新記事

債務上限

デフォルトを人質に墓穴掘るティーパーティー

債務上限引き上げに抵抗して米経済に危機をもたらしかねない共和党強硬派に、ウォール街の怒りが向き始めた

2011年7月29日(金)18時22分
デービッド・ケース

怪気炎 ミシェル・バックマンなどティーパーティー派議員は、上限引き上げに歩み寄る党上層部に噛み付いている Jason Reed-Reuters

 ウォール街や財界は、米共和党を乗っ取ったティーパティー(草の根保守派運動)の扇動的な動きにいらだっているだろうか? 連邦政府の債務上限引き上げに強硬に反対することは保守派、特にティーパーティーにとって裏目に出るだろうか。それは共和党にとって致命傷にならないか?

 世界の金融エリートが愛読する英経済紙フィナンシャル・タイムズを読めば、そうだと思わずにいられない。

 債務上限(現行14兆3000億ドル)の引き上げで民主・共和党が合意出来なければ、世界経済が破滅するという不安で市場が緊張する中、ウォール街ではすでに危機の兆候が出ている。7月28日の株式市場は5日連続で下落。ダウ平均は3.3%下落し、このままのペースで行けば「2010年8月以降で最悪の下落幅を記録した週」になる、とウォールストリート・ジャーナルは指摘した。

 投資家たちは米国債を買い控えている。これは景気後退圧力を予想させ、債務上限問題で政治家が適切な対処をしなければ金利は上昇し、ほぼ確実に増税につながる(米国債の格付けが下げられ、国債の利払いが増えるため)。

 失政の元凶は何か。「ティーパーティーの強硬派だ」と、フィナンシャル・タイムズのステファニー・キルチガエスナーは鋭い分析をしている。彼女は今の混乱を、ボクシングのリングで2人の男が「共和党の魂のために戦っている」姿にたとえた。

財界と共和党の間の深い溝

 一方のコーナーに立つのは、下院で最も影響力のある保守派の1人で、ティーパーティーの支持を受けるジム・ジョーダン議員。彼は、オバマ政権が国家破綻の可能性をちらつかせて脅し作戦を展開していると非難する。あらゆる合理的な根拠にもかかわらず、ジョーダンはアメリカ国債の格下げが経済に打撃を与えるとは考えていないようだ。

 ジョーダンは自身が所属する共和党の上層部にもたて突いた。経済のメルトダウンを避けるために債務上限を引き上げようとするジョン・ベイナー下院議長の打開案に反対し、他の保守派議員の造反も促している。

 もう一方のコーナーに立つのは、「超攻撃的でチェーンスモーカーの、米国商工会議所のロビイストであるブルース・ジョステン」と、キルチガエスナーは書く。言うまでもなく商工会議所は、大企業の代理としてワシントンで強い影響力を持つ団体だ。

 ここが難しいところだ。米経済に悪影響を及ぼす(共和党という)怪物が生まれたのは、ジョステンたちの力によるところが大きい。その彼らが、もはや怪物を制御出来なくなっている。

 「(ティーパーティー派議員の躍進が目覚ましかった)2010年の中間選挙で、商工会議所はおそらくどの団体よりも多額の資金援助を共和党に行い、その圧勝を助けた」と、キルチガエスナーは指摘する。「国家のデフォルト(債務不履行)の危険が1週間以内に迫る中、反政府的なティーパーティーと財界の間には深い溝が生まれている」。今こそ、商工会議所の実力が「切実に試されているのだ」。

 フィナンシャル・タイムズの社説も、今後大きな変化があるだろうと論じている。「投資家からすれば、米政界は不必要な財政危機の瀬戸際に近づき、そのまま飛び降りるかどうか真剣に議論しているようなものだ。彼らがそれを忘れることはないだろう」

GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月