最新記事

映画

元秘書が解くビートルズ50年の「封印」

Lovely Freda

17歳でデビュー直後のビートルズの秘書になったフリーダ・ケリーが、ドキュメンタリー映画『愛しのフリーダ』で明かした世界最高のバンドの真実

2013年12月6日(金)16時37分
長岡義博(本誌記者)

印刷

 ポール・マッカートニーの11年ぶり来日公演をきっかけに、再びザ・ビートルズとその音楽への関心が高まっているが、彼らを影で支えた秘書のフリーダ・ケリーが50年間の沈黙を破って秘話を語ったドキュメンタリー映画『愛しのフリーダ』が、12月7日から日本公開される。

 リバプールのキャバーン・クラブに通う1人のビートルズファンに過ぎなかった17歳のフリーダは、マネージャーのブライアン・エプスタインに見いだされてバンドの秘書兼ファンクラブ責任者に。以後11年間、「世界最高のバンド」を間近で見つめながら、彼女は70年の解散後、すべてを封印して喧騒とは無縁の静かな人生を歩んできた。なぜ50年経ってその封印を解いたのか。メンバーの素顔とビートルズの真実とは。来日した本人に聞いた。

──50年経った今、ビートルズについて改めて語ろうと思ったきっかけは?

(2011年3月に)ニュージャージー州で開かれたビートルズフェスティバルに招かれたのがきっかけでした。ずっと長い間(ビートルズとは)距離を置いていて、ようやく決心して参加したわけだけど、その時のファンから「何かやるべき」って言われて。私はまだ懐疑的だったのだけど、孫が生まれて、(母親である)娘から「彼(孫)のために語り残すべき」と言われたことが決め手になりました。

──映画に出ると決めた時、ポールとリンゴに相談は?

 いいえ。なぜなら、自分自身が(当時)何を語ったかは、自分が一番良く知っているので。

──映画の最後に「サプライズ」がありますね。

 ええ! でも私からは何もアプローチはしなかったんですよ。アップルが今回、ビートルズの曲の使用を認めてくれたことが、何よりの理解の表れでしょう。

最新ニュース

ワールド

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

2017.12.25

ビジネス

前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

2017.12.25

ビジネス

正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

2017.12.25

ビジネス

中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

2017.12.25

新着

日本の宇宙開発

「こうのとり」7号機、小型回収カプセルの回収に成功、その意義とは...

2018.11.15
南アフリカ

「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

2018.11.15
キャリア

「キャリアのピークは45歳」を信じるな!

2018.11.15
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2018.11.20号(11/13発売)

特集:ここまで来たAI医療

2018.11.20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

テクノロジー AIが問題だらけの病院を劇的に変える
■診療 外来の診断では人間より高スコア
■応用 余命を予測して患者の「人生」を改善
■画像診断 早期発見は任せておけ!
■機器 家でも病院でもアレクサは健康管理の味方
心理 自殺者を追い詰める「心の因子」を洗い出す
データ管理 ブロックチェーン革命が来る?
■セキュリティー エストニアでは患者の情報を守る切り札に
リスク アルゴリズムの暴走を阻止せよ
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース