最新記事

シネマ&ドラマ

実話

映画になったバイアグラ営業マンの告白

Confessions of a Viagra Salesman

映画『ラブ・アンド・アザー・ドラッグス』の原作者ジェイミー・レイディが、バイアグラの売り込み方から効果まで赤裸々に語る

2010年11月26日(金)17時48分

印刷

 20代でもバイアグラを使う男性はいるだろうが、ジェイミー・レイディにとっては「仕事の一環」だった。90年代に米製薬大手のファイザーに入社し、バイアグラのセールスマンとして働き始めた。

 その後、自分の体験を綴った著書『涙と笑いの奮闘記──全米セールスNo.1に輝いた"バイアグラ"セールスマン』(邦訳・アスペクト)を出版。この秋には、ジェイク・ギレンホール主演の映画『ラブ・アンド・アザー・ドラッグス』(11月24日全米公開、日本公開未定)にもなった。「性の特効薬」をめぐる仰天エピソードから映画への思いまで、本誌エンターテイメント担当ラミン・セトゥデがレイディに話を聞いた。

──どんな経緯であの仕事に就いたのか。

 大学時代はROTC(予備役将校訓練部)に所属していて、3年間は実際の任務に就いていた。ファイザーは一度面接を受けただけで、すぐに採用が決まったんだ。ファイザーは3つの「M」に弱い。Military(軍隊)、Minorities(マイノリティー)、そしてMormons(モルモン教徒)。
 
──モルモン教徒?

 外国で宗教を売り込めるなら、どんなものだって売りさばけると思ってるんだろうな。

──ファイザーは発売当初、バイアグラをどうみていたのか。

 彼らはそれほど期待をかけていなかった。勃起不全(ED)と診断された一部の男性にだけ、爆発的に売れると考えていた。米食品医薬品局(FDA)が販売対象として認めたED患者以外に売ることについては、大きな不安を抱いていた。

──女性版バイアグラがうまく行かなかったのは?

 男性がバイアグラを使うと、効果は一目で分かる。でも女性の場合は、性的機能不全の定義を一つに絞り込むことができない。「オーガズムを感じたことがない」という人もいれば、「今回のオーガズムはたった2回だけ」という人もいる。科学者たちは(女性版バイアグラの開発は)「無謀だ!」と言っていた。

──ターゲットにした男性はどんな人たち?

 どんな人を狙うべきか、いつも言い聞かせてくれる泌尿器科医がいてね。彼が言うには、45歳の男性だと。45歳になると18歳の頃のようには行かなくなる。でも18の頃に戻りたい──。泌尿器科医は正しかった。バイアグラのCMに出ている男性を思い浮かべるといい。60歳くらいの男性は出ていないだろう? 

──彼らは自分の妻とセックスしたいのか。それとも愛人と?

 バイアグラをくれと医者に頼み込む男性の話はたくさん耳にした。妻とのセックスのためにそこまで必死になることはない──泌尿器科医はそう見抜くだろう。

 しかし、夫を連れて泌尿器科医に来る妻は大勢いるらしい。泌尿器科医が「今日はどうしてこちらに?」と聞くと、夫は「分かりません」と答える。そうすると妻が夫を肘でつつきながら、「バイアグラが欲しくて来ました。私たち、立て直さないとね」と言うんだ。ダジャレじゃないよ。バイアグラについて話すときは、どんな言葉も隠語っぽくなってしまう。

──あなた自身もバイアグラを使ったことはある?

 そりゃあるよ。自分で使ったこともない薬は売り込めないだろ? もちろんゾロフト(抗鬱剤)やダイフルカン(女性が感染するカンジダ膣炎の予防薬)を使ったことはないけど。バイアグラはテキーラをショットグラスで13杯くらい飲んだ夜には最高。パーティーなど娯楽目的の需要も、実はものすごく大きい。

 僕がサンフランシスコの近くで会議に出ていたとき、ある医師に麻薬性興奮剤のポッパー(亜硝酸アミル)と一緒にバイアグラを使ってもいいかと聞かれた。僕は「ノー!」と突っぱねたよ。ポッパーは同性愛者の間で大人気なんだ。ファイザーは、ヘロインやコカインとバイアグラの併用は奨励しない。違法ドラッグとの組み合わせを売り込んだりしない。

──バイアグラの副作用にはどんなものがあるのか。

 よくあるのは頭痛、顔のほてり、鬱血の3つだ。視覚異常として周囲が青や緑色に見えることもある。バイアグラ服用者の約3%が体験している。もし僕が抗ヒスタミン剤のセールスマンだったら、医師に何か言われるだろう。でもセックスが目的のバイアグラでは問題にならなかった。頭がぶっ飛んでるだけだと思われたんだろう。

──バイアグラを服用すると勃起が4時間続くこともあると聞いたけど。

 私の周囲の男性はみんな、「4時間も勃起し続けたら知り合い全員に電話して自慢する」と言っていた。でも実はとても危険なことなんだ。

──どうして?

 筋肉があんな風に硬直すると、取り返しのつかない障害をもたらす恐れがある。病院に行って、勃起したペニスを萎えさせてもらわなければならない。

──何だか痛そうだね。

そりゃ痛いだろうさ。

──映画『ラブ・アンド・アザー・ドラッグス』は原作に忠実か。

 私の本が映画の出発点になっているのは確かだ。映画は本の愉快な空気をうまくつかんでいると思う。ジェイクが演じた主人公は映画の中で成長した。私は最後まで大バカ者のままだったけどね。

──申し訳ないが、原作はまだ読んでいないんだ。ラブストーリーの要素はあるの?

 ないよ。読んでなくても大丈夫。僕の母親だってまだ読み終わってないからね。

最新ニュース

ワールド

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

2017.12.25

ビジネス

前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

2017.12.25

ビジネス

正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

2017.12.25

ビジネス

中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

2017.12.25

新着

ここまで来た AI医療

癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由

2018.11.14
中東

それでも「アラブの春」は終わっていない

2018.11.14
日中関係

安倍首相、日中「三原則」発言のくい違いと中国側が公表した発言記録

2018.11.14
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2020.6. 9号(6/ 2発売)

特集:検証 日本モデル

2020.6. 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

特別寄稿 「8割おじさん」の数理モデル
緊急対談 日本のコロナ対策は過剰だったか
リスク管理 行動を変えるのは「説得」より「納得」
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース