最新記事
海外ドラマ

巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マスターズ・オブ・ザ・エアー』...今どき「ありがとう、アメリカの皆さん!」はない

Masters of the Air, in Red, White, and Blue

2024年3月18日(月)16時25分
レベッカ・オニオン
『マスターズ・オブ・ザ・エアー』

バッキー(中央)たち第100爆撃群の面々はドイツ占領地域に出撃する APPLE TV+ーSLATE

<スピルバーグとハンクスが再びタッグを組んだ「第2次大戦もの」だが、描写が時代遅れすぎる>

B17爆撃機のガタガタとうるさく寒い機内には、10人の米軍兵士が乗っている。対空砲火の中、敵の戦闘機の攻撃をかいくぐって飛ぶのが彼らの(私だったら絶対に引き受けたくない危険な)任務だ。

彼らは上空の凍るような寒さに耐え、呼吸のために革製の酸素マスクを装着している。敵からの攻撃や乗員のひどいけがにも平常心を保たなければならないし、部品や乗員を失った場合には臨機応変に対応することを余儀なくされる。

標的の位置を特定するには紙とペンを使った計算が必要で、爆弾を落としたら急いで基地に戻らなければならない。もしできなければ、敵の占領下の土地にパラシュートで脱出しなければならなくなる。

実にドラマチックな要素ぞろいだし、アップルTVプラスで配信中のドラマ『マスターズ・オブ・ザ・エアー』は、それを存分に生かしている。本作で描かれるのは、第2次大戦における米軍の第8航空軍に属する第100爆撃群の活躍。

同爆撃群は対ドイツ戦で大きな犠牲を出したことと、個性的なメンバーぞろいだったことで知られる。スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスがこのドラマの制作に取りかかったのは実に11年前のことだ。

細部まで作り込まれた美しい映像を見ていると、自分の愛する時代への若い世代の関心を高めたいと願う年配の家族と一緒に歴史博物館を見にきたような気分になる。

ドイツ上空で1週間に何機が失われたと思う? 作戦前にはこんなに豪華な朝食が出たんだぞ! 飛行中の状況確認は目視頼みだったんだからすごいだろう?と、肘をつかまれて言われているみたいな感じなのだ。そういう話に疎い人にとっては、本作は学びの機会を与えてくれる。

スピルバーグとハンクスといえば、かつて第2次大戦を描いたドラマ『バンド・オブ・ブラザース』や『ザ・パシフィック』でもタッグを組んだコンビだ。だが本作の雰囲気は前の2作とは異なっており、それが幅広い視聴者の獲得につながるかもしれない。

第100爆撃群はイギリス東部にある基地に駐屯していたが、出撃の合間に主人公たちは長い時間をここで過ごす。食事をしたり出かけたり、酒を飲んだり......。外のバーで女性に会うこともあり、本作にはラブシーンまである。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ターゲット2-4月期利益が予想に届かず、今期見通

ビジネス

「FRBは年内利下げしない」ゴールドマンCEOが見

ビジネス

米国株式市場=下落、FOMC議事要旨消化 エヌビデ

ワールド

イラン大統領葬儀、ロシアなど要人40人超参列 ハマ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 5

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    「テヘランの虐殺者」ライシ大統領の死を祝い、命を…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中