最新記事

韓国社会

TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

2020年1月20日(月)18時50分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

炎上騒動の発端となった2019 MAMAでフォトコールに登場したTWICE。一番左にいるジヒョは確かに心ここにあらずといった様子だ Kim Kyung Hoon / REUTERS

<芸能人の発言が炎上することはよくあることだが、TWICEリーダーの発言は、韓国社会で問題の男女間の格差意識を刺激した>

K-POPアイドルのなかで、日本で今一番活躍しているガールズグループといえばTWICEというのは誰もが認めるところだろう。CMやテレビの音楽番組はもちろん、2017年から3年連続紅白歌合戦出場、2018年にはレコード大賞優秀賞も受賞している。メンバー構成も韓国から5人、日本から3人、台湾から1人と国際色豊かなのも特徴だ。その中の韓国人メンバーでありリーダーを務めるジヒョの発言が今韓国で波紋を呼んでいる。

ことの発端は、昨年12月4日ナゴヤドームで開催された音楽イベント「2019 MAMA(Mnet Asian Music Award)」に参加したTWICEが、女性グループ賞などを受賞したのにもかかわらず、ジヒョはパフォーマンスだけ参加し、授賞式には姿を見せていなかった。これについてネット上で様々な憶測が飛び交い、彼女の恋人でK-POPアイドルのカン・ダニエルを引き合いに出してバッシングするような噂話まで勝手に作られ流されてしまったのだ。

チャット中にカッとなって......

怒ったジヒョは、1月5日「NAVER V LIVE」でファンたちとの生ライブチャット中、途中退席したことに触れて、「かまってちゃんたちが"ウンエンウン(웅앵웅)"言ってくるので申し上げますけれど、ただ体調が悪かっただけなんですよ。笑。悪かったわね。 (炎上する)ターゲットになるものがあったら、もっと面白かったでしょうにね」と、若干自虐めいた皮肉のコメントを発信した。この「웅앵웅(ウンエンウン)」という単語が問題視され、ジヒョはその後謝罪文を公表するまでになってしまった。

なぜ、この「웅앵웅(ウンエンウン)」という単語が問題視されたのか? ジヒョは、チャット上では「ウンエンウン=ごちゃごちゃ言ってくる/うるさく突っ掛かってくる」と言う意味で使用している。

これに対し一部ネット上の意見では、知的障がい者の喋る様を表している差別用語だという批判もあったが、拒否反応を示す人たちの多くは、この新造語がフェミニズム・コミュニティーサイトで男性たちの主張を揶揄するときに使用されているため、ジヒョが男性嫌悪主義者なのではないかと批判が集中したのだ。

newsweek_20200120_182038.jpg

ジヒョが「웅앵웅」とファンたちに向かって投稿したときの画面。V LIVE TWICEチャンネルよりキャプチャー

ニュース速報

ビジネス

米航空会社、ワクチン普及で回復の兆し 現金流出ペー

ビジネス

米中古住宅販売、3月は7カ月ぶり低水準 在庫不足で

ワールド

欧州委、アストラゼネカに対する法的措置は未定=報道

ビジネス

米新規失業保険申請、54.7万件に改善 2週連続で

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月