最新記事

映画

経済失速の韓国で大ヒット『パラサイト』 カンヌは「万引き」の次に「寄生」する格差社会作を選んだ

2019年6月13日(木)19時30分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

カンヌ国際映画祭で受賞したパルム・ドールの盾をもって韓国仁川国際空港に帰国したポン・ジュノ監督(左)と主演のソン・ガンホ

<2年連続でアジア作品が最高賞を獲得したカンヌ国際映画祭。そこには日本や韓国に限らず、経済格差が拡大する世界への危機意識がうかがえる>

2018年のカンヌ国際映画祭では、日本の是枝裕和監督の『万引き家族』がパルム・ドール(最高賞)を受賞し、日本国内でも大いに話題になった。そして今年5月26日、第72回カンヌ国際映画祭では、クエンティン・タランティーノ監督の話題作などを押さえて、去年に続きアジアからポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト』(原題『寄生虫』)がパルム・ドールを獲得した。今年は韓国映画誕生100年という節目の年で、そこに韓国映画初のパルム・ドール受賞とあって、韓国国内ではニュースなどでも大きく伝えられた。

このため、昨年『万引き家族』がパルム・ドールを受賞した日本と同様、韓国国内でこの作品に対する注目は高く、受賞発表から4日後の5月30日に韓国内で公開が始まったが、封切り初日から『X-MEN:ダークフェニックス』『アラジン』といった人気エンタメ映画を抑えて興行ランキング首位に立ち、すでに14日目の時点で751万9960人の動員を突破。韓国での映画大ヒットの基準となる1000万人観客動員も時間の問題と言われている。この人気を受け韓国の3大シネコンチェーンの一つメガボックスでは、英語の字幕付きでの上映を開始した。在韓外国人にも幅広く観覧してほしいという気持ちがうかがえる。

ところで、ポン・ジュノ監督とカンヌ映画祭といえば、2年前の映画『オクジャ』が記憶に新しい。今回同様コンペティション部門に出品された『オクジャ』だったが、Netflixオリジナル製作作品だったこともありフランス国内での劇場公開が正規では行われず、「これは映画ではない」と批判されるなど、古くからの伝統を重んじるカンヌ映画祭で波紋を広げた。そのため上映前には一部観客からブーイングが起こったほどだったという。

この問題は大きく取り上げられ、その後現在まで続く「配信系制作の劇場未公開作品は"映画"と言えるか?」という論争に繋がっていく。さらに、論争はカンヌ映画祭だけに収まらず、映画『オクジャ』は韓国国内上映の際にも三大シネコン会社(CGV/ロッテ/メガボックス)からそれぞれ上映ボイコットを受ける事態へと発展した。理由は、劇場公開と同時に配信を開始したNetflixに対する映画界からの抗議のためだ。このように、前作『オクジャ』は残念なことに作品内容以外の部分で注目を集める形となってしまった。そういった苦い過去を含め、今回のポン・ジュノ監督の新作がパルム・ドールを受賞したことは作品自体が評価された意味のある受賞となった。

さて、受賞作の映画『パラサイト』はどういった作品なのだろう。韓国国内用、海外用ともに、ポスターにはある家族の姿が映っているが、顔には目に線が入っていて少し不気味な印象だ。ジャンルは、ブラックコメディーという意見もあれば、現代版のホラーだとも評価されている。


カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した『パラサイト』 CJ Entertainment Official / YouTube

ニュース速報

ワールド

米民主党、最高裁判事の承認採決ボイコットへ 上院司

ワールド

ナイジェリアで抗議が暴動に発展、ラゴスなどに夜間外

ワールド

オバマ氏、激戦州でバイデン氏支持訴え 米大統領選終

ビジネス

米ナスダック、第3四半期は利益が予想上回る インデ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月