最新記事

新譜

王道だけど新しいスウィフトの進化

カントリーの歌姫の『1989』は音楽性も歌詞もパワーアップ

2014年11月12日(水)15時37分
フォレスト・ウィックマン

パワー全開 幅広い層の女性に支持されるスウィフト Christopher Polk/Getty Images for iHeartMedia

 テイラー・スウィフトのヒット曲といえば「レッド」「トラブル」「オール・トゥー・ウェル」など、どれも恋の歌。とはいえ甘い純愛ではなく、どちらかというと自動車事故の光景をバックミラーで眺めるようなものだ。恋に夢中になって自分をコントロールできなくなるさまと、その結末を振り返る。

 そんな2つの要素こそ、スウィフトが幅広い層に支持される理由の1つだ。若いファンは熱に浮かされるような恋に思いをはせ、大人のファンは苦い失恋の教訓をかみしめる。彼女のアルバムがいつも秋に発売されるのもよく分かる。
先頃リリースされた新アルバム『1989』からのシングルカット「アウト・オブ・ザ・ウッズ」も、まさにスウィフト的な一曲だ。あっという間にiTunes総合サイトの1位になったこの曲は、比喩を織り交ぜつつ、不安だらけのはかない恋を歌い上げる。

 中には比喩でなく、現実を反映した一節も。「あなたがブレーキを早くかけ過ぎたのを覚えてる?/病院で20針よ」。これは元カレがスノーモービルで負傷した思い出だと、スウィフトはローリングストーン誌に語っている。相手はかつて噂になったアイドルバンド、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズだと勘繰る声もある。

 そんな噂よりも注目すべきは、この曲がロックバンド、ファンのギタリストであるジャック・アントノフとの共作という点だ。歌詞はスウィスト的だが、音楽はアントノフそのもの。いつもおなじみのギターやバンジョーの代わりに、シンセサイザーやドラムを多用し、音楽的な広がりを見せている。

「アウト・オブ・ザ・ウッズ」は『1989』の全体の雰囲気を伝える曲だと、スウィフトは語っている。それならファンにとっては朗報だ。彼女らしいキレのいい歌詞と、幅広い音楽性を備えた曲がほかにもたくさん詰まっているということだから。クリスマスに向け、女子に欠かせない一枚になりそう?

© 2014, Slate

[2014年11月11日号掲載]

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中