最新記事

中国経済

アリババのジャック・マー、ロックスターに転職? スタジアムで退任イベント

2019年9月11日(水)12時24分

中国電子商取引最大手アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長が10日、正式に会長職を退き、退任イベントが8万人収容のスタジアムで4時間にわたり行われた。写真は退任イベントで演奏するマー会長(2019年 ロイター)

中国電子商取引最大手アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長が10日、正式に会長職を退き、退任イベントが8万人収容のスタジアムで4時間にわたり行われた。

イベントはさまざまに扮装した出演者によるダンスや歌が披露されるお祭り騒ぎとなった。馬氏も共同創業者の彭蕾(ルーシー・ペン)氏やほかの幹部らとロックスターに扮して、パフォーマンスに興じた。社員が寸劇や歌の出し物を演じた際には、馬氏が目に涙をためる場面もあった。

馬氏は招待客や社員に「今夜から私は新しい人生を始めます。私はこの世界は良いもので、たくさんのチャンスがあると強く信じています。興奮を呼び起こす出来事が大好きだから、早めに引退するのです」とあいさつした。

次世代通信技術「5G」やビッグデータなどで大きな変革が起きる中、アリババには社会を良くする責任を負ってほしいと期待を表明。「強い会社であるのは容易ではありません。しかし良い会社であるのはもっと難しい。会社の強さを決めるのはビジネスの能力ですが、良い会社というのは責任感を持ち、優しいものです」と訴えた。

馬氏は最近、ハイテク企業の従業員は夜も週末も働けと発言し、中国全土で論議を呼んでいた。

イベントでは会長を引き継ぐ張勇最高経営者(CEO)が、アリババはクラウドコンピューティングなどの分野に投資を続けていくと表明した。

[杭州(中国) 10日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20190917issue_cover200.jpg
※9月17日号(9月10日発売)は、「顔認証の最前線」特集。生活を安全で便利にする新ツールか、独裁政権の道具か――。日常生活からビジネス、安全保障まで、日本人が知らない顔認証技術のメリットとリスクを徹底レポート。顔認証の最先端を行く中国の語られざる側面も明かす。



ニュース速報

ビジネス

ルノー、全世界で1.5万人削減へ 仏国内で4500

ワールド

英、6月からコロナ規制緩和 6人以下の屋外での集会

ビジネス

日産、バルセロナ工場閉鎖決定 スペイン「撤回へ全力

ビジネス

米下院、中小企業支援策の延長法案を可決

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    NEWS手越祐也「活動自粛」に見るジャニーズ事務所の危…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月