最新記事

事件

乗客レイプのUber運転手に終身刑で、問われる安全性

急成長中の米配車アプリを使った犯罪は、果たして「強姦大国」インド特有の問題と言いきれるのか

2015年11月4日(水)14時34分
ルーシー・ウェストコット

氷山の一角 女性客をレイプしたウーバーの元運転手(右から3人目) Adnan Abidi- REUTERS

 インドのニューデリーで、配車サービス「ウーバー(Uber)」の元運転手が25歳の女性客をレイプしたとして有罪判決を受け、終身刑となった。

 ウーバーでタクシー運転手をしていたシブ・クマール・ヤダブ被告(32)は先月、レイプおよび脅迫、誘拐、傷害の4件で罪を問われ、有罪を言い渡された。被害者の女性によれば、2014年12月、ウーバーで勤務先から自宅までの配車をリクエストしたが、ヤダブに人気のない場所へ連れて行かれ、目が覚めたときにはヤダブが隣にいたという。被告は無罪を主張していた。

 今週、量刑を言い渡した裁判官は「(ヤダブは)自然死するまで収監される」と述べたと、アルジャジーラは報じている。AFPによれば、終身刑はレイプに対する判決としてインドでは最高刑とという。懲役刑に加え、2万1000ルピー(約3万9000円)の罰金も科せられたという。

営業停止となり、対策を打ち出したウーバー・インド

 本誌の取材に対し、ウーバー社はこの一件に関して新たな声明はないと返答した。先月のヤダフの有罪判決時には、ウーバー・インドのアミット・ジェイン社長が「レイプは不快極まりない犯罪であり、(ヤダブが)法の裁きを受けたことを歓迎する」と声明を出していた。

「ウーバーは安全性を重視している。この恐ろしい事件を教訓にして、当社は事件発生以降、運転手の身元確認の強化、年中無休・24時間のカスタマーサポートの改善など、多くの対策を行ってきた」と、ジェインの声明には記されている。

 ウーバーと他の同種のインターネット・タクシー配車サービスは、今回の事件後、デリーで一時的に営業停止処分となった。ウーバーは現在ではデリーでの営業を再開している。

 BBCによれば、今回のレイプ被害者はアメリカでもウーバー社(カリフォルニア州に本社がある)に対して訴訟を起こしたが、こちらは示談となっている。

 インドではここ数年、女性に対する暴力事件が相次いでおり、この事件は一連の悲惨なレイプ事件のひとつにすぎない。デリーの乗り合いバスの中で女子学生が集団レイプされて殺された2012年の事件は、特に世界に広く知れわたった。

 一方でウーバーには、運転手の身元にまつわる不安が指摘されてきた。ウーバーは2009年にアメリカで創業され、瞬く間に各国に広まったタクシー配車サービスだが、アプリで手軽に車を手配できる反面、一定の条件を満たせば誰でも契約運転手になれる不安もあった。利用者が事前に運転手の写真や評価を確認できるシステムはあるものの、運転手と乗客のトラブルが報告されてきたことも事実だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バフェット氏「目を見張る」業績終わった、長期的に株

ワールド

ナワリヌイ氏遺体、母親に引き渡し 夫人は「拷問」と

ビジネス

米石油掘削リグ稼働数、11月以来の大幅増=ベーカー

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 3

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 4

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中