最新記事

イスラム教

ハラールの威力で盛況、ロシアのホテル

欧米の経済制裁で打撃を受けたロシア観光業界が、中東のイスラム教徒を呼び込むために変身中

2014年10月21日(火)16時10分
マリア・カーン

祈りの文化 10月初旬、犠牲祭の礼拝を行うイスラム教徒(モスクワ) Sergei Karpukhin-Reuters

 イスラム教の礼拝室を用意したり、コーランを客室に置いたり。モスクワのアエロスターホテルはイスラム教徒(ムスリム)の宿泊客を呼び込むために、特別なハラール・サービスを開始した。「ハラール」とはイスラム教の教義にのっとった商品やサービスのこと。アエロスターホテルが、ロシア内のイスラム教指導者から「ハラール」と認証されるには大規模な改装が必要だった。

「利用客の約70%が外国人で、その13%の約5000人がイスラム教国からの観光客やビジネス客だ。特にイランが多い」と、アエロスターホテルのマーケティング部長であるリュボフ・シヤンは言う。「ムスリムのお客様に、礼拝室や特別な料理を頼まれることが頻繁にあった」

 今年2月にウクライナ問題が起こって西側の経済制裁を受けてから、ロシアの観光業界は大打撃を受けている。特に欧米からの観光客の落ち込みが大きく、アメリカとイギリスの観光客は推定30〜50%も減少しているという。

改装や準備の費用も元が取れた

 このためロシアのホテルはアジアや中東からの観光客を狙わざるを得なくなった。これらの国々は欧米と違い、ウクライナに軍事介入したロシアに経済制裁を発動したりしていない。「全308室のうち20室に礼拝用マットや体を清めるためのたらい、聖地メッカの方角を示す方位磁石を用意した。シャンプーや石鹸もハラールと認証されたもので、動物性油やアルコールは含んでいない」と、シヤンは言う。

 ハラール料理を作るためだけの独立したキッチンも設置した。ホテルのシェフ、ビタリー・ウカノフは「ここには豚肉やハムは一切ない。食器はすべて新品で、メインのキッチンで使われたものはない」と話す。

 こうした準備や改装にはそれなりの費用が掛かったが、イラン人ビジネスマンの利用増により元が取れた。ハラールのサービス開始から最初の2週間で、マレーシアやイラン宿泊予約が殺到している。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月