最新記事

鳩山+小沢政権の弱みと強み

オブザーヴィング
鳩山政権

話題の日本政治学者
トバイアス・ハリスが現在進行形の
「鳩山革命」を分析する

2009.10.26

ニューストピックス

鳩山+小沢政権の弱みと強み

不安もあるが、悲願の政治主導を実現できれば内政・外交上の課題を解決できるかもしれない

2009年10月26日(月)15時35分

 9月16日に発足した鳩山内閣の顔触れを見ると、鳩山由紀夫新首相は内閣の頭上にそびえる大統領スタイルの首相からは程遠く、対等な閣僚のなかのまとめ役のように見える。いわば、強力な政治家が居並ぶ委員会の委員長のような存在だ。

 重要ポストは、民主党で最も経験豊かな議員で占められている。彼らが小沢一郎幹事長の「子分」ではなく自らグループを率いる地位にあることも、小沢の強引な干渉をはね返す強力な内閣をつくるためには決定的に重要だ。

 幹事長として小沢がどんな役割を果たしていくのかはまだはっきりしない。内閣と与党を厳しく分けると小沢は強調するが、小沢が役割分担をきちんと守り、政策決定プロセスに立ち入らないかどうかは分からない。西松建設の献金問題を受けて小沢が代表を辞任した際の藤井裕久元蔵相の動きを理由に、藤井の財務相就任に小沢が難色を示したとされる一件は、そうした不安を裏打ちしている。

 ただ同時に、小沢の関心は既に来年夏の参議院選挙に移っており、だとすれば政策に干渉する時間やエネルギーはそれほど残っていないかもしれない。鳩山から国会対策を一任された小沢は、内閣の決定に「拒否権」を発動できる権限を持つが、今のところ挙党一致体制を維持する目的以外にその力を使おうと計画している証拠は見当たらない。

 鳩山政権の成功と失敗を左右する要因は何か。新政権の発足に当たってそれをまず考えてみる価値はあるだろう。

弱み

 政権基盤を揺るがし、寿命を縮めかねない大きな弱点は以下の3つとみることができる。

(1)鳩山由紀夫

 私は以前から鳩山の指導力を疑問に思っているが、それを覆してくれるような変化は今日まで何もない。

 特に心配なのは、メディアとの付き合い方だ。9月14日の「ぶら下がり取材」でも、小沢「代表代行」を「代表」と言い間違えた。些細な失言だ。疲労のせいかもしれないし、肩書が紛らわしいせいかもしれないし、今年5月まで小沢が代表だったときからの癖かもしれない。

 問題は、鳩山はしゃべり過ぎる傾向があることだ。衆院選の選挙期間中、党内からは鳩山に記者会見をさせるべきではないという意見も出た。しゃべり過ぎて、後で撤回や修正をする羽目になるからだ。首相へのぶら下がり取材を見直すことも考えているようだが、代わりにどんな取材機会をつくるのかは明らかではない。しまいには、メディアから隠れ通し、姿を現すときも自由な取材をほとんど許さなかったアメリカのブッシュ前政権のようになるのだろうか。

 しょせん民主党は、鳩山を世間の詮索からかばい通すことはできない。「故人献金」問題もまだ解決していないのだ。それにもし鳩山が政権を掌握できていないと映れば、メディアは当然、求心力のなさを激しく批判するだろう。鳩山の考えでは、彼は対等な閣僚のなかの1人かもしれないが、やはり首相はどうしても一番でなければならない。

 どうしたら、首相が内閣より見劣りしてしまうことを防げるのだろうか。鳩山が定期的に公の場に出る場合、民主党は政権に打撃となる失言を封じつつ、いかにして「情報開示の徹底」という公約を維持できるのだろうか。

 「委員長」型の首相であるとしても、内閣をリードするのが鳩山の役目である点は変わらない。金融・郵政改革担当相に任命された亀井静香が具体的にどの政策を担当するかなど、論争になりかねない問題にケリをつけ、閣僚同士の意見が一致しない場合は鳩山自身が決断を下さなくてはならない局面もあるだろう。

 9月18日、閣議を終えた亀井が他の閣僚への批判と受け取られかねないコメントを発していたのは、内閣のまとめ役としての鳩山の技量を測る上では期待できる兆候とは言えない。

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月