ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

<nobr>今年を駆け抜けた人に<br>さようなら</nobr>

今年を駆け抜けた人にさようなら

世界に大きな影響を与えた
著名人・スターの軌跡

2009.12.08

アメリカ世論を大きく動かしたジャーナリストから民主化を推し進めたアジアの政治家、ハリウッドスターまで、2009年には多くの「巨人」がこの世を去った。ニューズウィークが報じた彼らの人生と功績を振り返る。

Photos:Michael Dalder-Reuters

追悼

マイケル・ジャクソン(アメリカ/ミュージシャン) 

スキャンダルにまみれたポップの帝王を失って初めて、アメリカは気付いた。彼に対する深い愛に、そして彼の存在の大きさに——。 [2009年7月22日号掲載]

2009.12.08
追悼

エドワード・ケネディ(アメリカ/上院議員) 

名門一家の偉大な兄たちの影の中で、自分らしい道を模索し続けた末息子 [2009年9月 9日号掲載]

2009.12.08
追悼

コラソン・コハンコ・アキノ(フィリピン/元大統領) 

夫ベニグノ・アキノの暗殺後、「ピープルパワー」運動の旗手として「ただの主婦」から大統領に [1986年3月13日号掲載]

2009.12.08
追悼

ウォルター・クロンカイト(アメリカ/ジャーナリスト) 

ウォーターゲート事件でアメリカの世論の流れを一変させた「最も信頼できる男」 [2009年7月29日号掲載]

2009.12.08
追悼

金大中(キム・デジュン、韓国/元大統領) 

弾圧に屈せず、韓国の民主化と北への融和政策を進め、ノーベル平和賞を受賞 [2000年10月25日号掲載]

2009.12.08
追悼

盧武鉉(ノ・ムヒョン、韓国/元大統領) 

人権派弁護士から韓国政界のトップへ駆け上がったが、就任後は難問が山積 [2003年3月 5日号掲載]

2009.12.08
追悼

ジョン・アップダイク(アメリカ/作家) 

著書は50冊以上、鋭い観察眼で「普通であること」を追い続けた散文の錬金術師 [2009年2月18日号掲載]

2009.12.08
追悼

パトリック・スウェイジ(アメリカ/俳優) 

『ゴースト/ニューヨークの幻』など多数の映画に主演。87年の『ダーティ・ダンシング』では女性ファンが映画館に通いつめて一種の社会現象に [1987年12月31日号掲載]

2009.12.08
追悼

ロバート・マクナマラ(アメリカ/元国防長官) 

ケネディ、ジョンソン両政権で国防長官を務め、ベトナムへの軍事介入を推進 [1995年4月26日号掲載]

2009.12.08
追悼

ジョン・ヒューズ(アメリカ/映画監督、脚本家)

青春映画の傑作を次々と生み出し、多くの個性派スターも発掘した「目利き」監督 

2009.12.08
追悼

ファラ・フォーセット(アメリカ/女優) 

『チャーリーズ・エンジェル』のセックスシンボルはタフな社会派女優だった [2009年7月 8日号掲載]

2009.12.08
追悼

アンドリュー・ワイエス(アメリカ/画家) 

古きよきアメリカの原風景を描き続けた国民的アーティスト [2009年1月28日号掲載]

2009.12.08
追悼

クロード・レヴィ=ストロース(フランス/人類学者) 

構造主義などで知られる20世紀を代表するフランスの「知性の巨人」。89年のインタビューでは知られざる「日常の顔」を垣間見せた [1989年10月26日号掲載]

2009.12.08
追悼

デービッド・キャラダイン(アメリカ/俳優) 

アクション映画2部作『キル・ビル』で再び輝いた孤高の俳優 [2004年5月 5日号掲載]

2009.12.08
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!