コラム

ブティジェッジは米史上最もデータを駆使する「天才政治家」

2020年02月12日(水)16時45分
ブティジェッジは米史上最もデータを駆使する「天才政治家」

筆者は1年以上前から、次の大統領はブティジェッジだと公言していた JONATHAN ERNSTーREUTERS

<米大統領選の民主党予備選で、38歳のピート・ブティジェッジが大躍進。初戦のアイオワ州で勝利、次のニューハンプシャー州で僅差で2位に躍り出たブティジェッジは、なぜ勝つことができたのか。ブティジェッジの友人であるサム・ポトリッキオ教授が明かす、「ピート大躍進の秘訣」>

アイオワ州党員集会が行われた翌朝、滞在先の東ヨーロッパで目覚めると、大量の電子メールが届いていた。メールを送ってきた人たちは私を「政治の賢者」「予言者」などと呼び、中にはどの会社の株を買えばいいか教えてくれという人までいた。

11月の米大統領選に向けた民主党候補者指名レースの初戦である2月3日のアイオワ州党員集会では、ピート・ブティジェッジが首位になった(集計の混乱により再集計が行われる可能性があるが)。これは大方の予想を覆す結果だったが、私は1年以上前から、次の大統領はブティジェッジだと公言していたのだ。

といっても、ブティジェッジはまだ40歳にもなっておらず、インディアナ州サウスベンドという人口10万人余りの小さな都市の市長にすぎなかった。そんな人物が次期大統領の有力候補だと主張しても、最初は笑われただけだった。

当時は世論調査でもほとんど名前が挙がらず、支持率が1%に達していた州は一つもなかった。その時点で、どうして躍進を予測できたのか。株式投資になぞらえて言えば、私はインサイダー情報を持っていたのだ。

8年以上前、私はあるシンポジウムに出席したとき、サウスベンド市長に就任したばかりのピートと知り合った。紹介してくれたリチャード・ルーガー上院議員(当時)いわく、途轍もない才能の持ち主だとのことだった。

実際、パネルディスカッションで市政について語るのを見て、私は確信した。これほど才能豊かな政治家には今まで会ったことがない、と。それ以来、私は彼と連絡を取り合い、大学で担当しているリーダーシッププログラムに講師として招こうとしてきた。リーダーを目指す学生たちにとって絶好のお手本になると思ったからだ。

6年前には、私が司会を務めたパネルディスカッションに登壇したことがある。このとき、今回のアイオワ州党員集会で番狂わせを起こせた要因が既に見て取れた。コンサルティング大手のマッキンゼーで働いた経験を持つピートは、アメリカ政治史上で誰よりもデータの使い方に精通した政治家と言っても過言でない。

データを活用して問題を解決することが楽しくて仕方ないらしい。6年前のパネルディスカッションでも、データを駆使して救急車の到着時間を早めたり、下水道の効率性を高めたりする話をしているときは文字どおり目が輝いていた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請84.7万件、前週から改善

ビジネス

米マクドナルド、第4四半期決算は予想下回る 欧州の

ビジネス

中国、今年の成長率目標設定を見送る可能性 債務を懸

ビジネス

欧州の9銀行、コロナ禍で昨年資本バッファー取り崩し

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!