コラム

29歳天才クオーターバックの早過ぎる引退から学べること

2019年09月04日(水)17時00分
29歳天才クオーターバックの早過ぎる引退から学べること

ラックはチームを3年連続プレーオフに導いたが…… ZACH BOLINGERーICON SPORTSWIRE/GETTY IMAGES

<輝かしいキャリアに自ら終止符を打った決断からビジネスマンが読み取るべき重要な教訓とは>

定年前や正式な契約期限切れの前に退職して、同僚や部下から「ブーイング」の大合唱を受けることを想像してみてほしい。

アメリカンフットボール史上最も才能ある選手の1人だったアンドリュー・ラックは、世間の猛烈な非難の声と共に輝かしいキャリアを終えた。スーパースターはなぜ29歳の若さで引退を決めたのか。

ラックはスタンフォード大学で抜群の実績を収めた後、NFL(全米プロフットボールリーグ)の2012年ドラフトでは全体の1位でインディアナポリス・コルツに入団。その才能とプレーに懸けたコルツは、チームのエース・クオーターバック(QB)であり、当時歴代ナンバーワンQBの呼び声も高かったペイトン・マニングをトレードに出した。

ラックは新人の年から卓越したプレーをみせ、3年連続でコルツをプレーオフに導いた。若手QBとしては、ほとんど前例のない快挙だ。

2016年には、チームと総額1億2200万ドルの5年契約を結んだ。しかし、ラックは度重なる負傷に悩まされた。肩、関節、腹部、腎臓......。17年はシーズンを丸ごと棒に振った。それでも18年には驚異の復活を遂げ、パス獲得ヤード4593、タッチダウンパス39本を記録し、カムバック賞に輝いた。

来る2019年シーズンは、念願のーパーボウル(NFL優勝決定戦)出場と全米ナンバーワンの獲得が期待されていた。ラックは2019年シーズン前の時点で負傷者リストに名前が載っていたが、開幕直前での若過ぎる引退表明はトランプ政権のどんな発表よりも衝撃的だった。これにはファンだけでなく、多くの元NFL選手からも厳しい声が相次いだ。

元QBのスティーブ・バーラインはツイッターでこう批判した。「これは擁護できない。シーズン開幕2週間前(の引退)は、チームとチームの仲間たち、NFLのファンに対する正しい行為ではない」

「退く勇気」を忘れるな

ラックは引退表明の記者会見で、けがと痛みのせいでフットボールへの愛情がなくなったことを認めた。あるインタビューでは、おそらくQBよりも高校の歴史教師になったほうがずっと幸せだっただろうと語った。ラックの引退は、アメリカで最も人気のあるスポーツの本質をめぐる議論を巻き起こした。フットボールは暴力的で危険な競技なのか。選手たちはローマの剣闘士級の痛みに耐えなければならず、残りの人生を棒に振りかねないことを自覚しているのか。しかし、ラックの早過ぎる引退は、アメリカンフットボールの世界にとどまる問題ではない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!