プレスリリース

CordaCon、ロンドンで開催されたR3ディベロッパー&ビジネスパートナーカンファレンスでCTIAがTaaSのデモンストレーションを実施

2019年10月28日(月)19時00分
CTIA Co., Ltd
『CordaCon London 2019』出展レポート

2019年10月23日・24日、CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、ロンドンで開催されたR3社主催のテックカンファレンス『CordaCon London 2019』(コルダコン・ロンドン)に出展し、生産管理システム「TaaS」のデモンストレーションを実施しました。


先日、発表された分散台帳技術による生産管理システム「TaaS:Traceability as a Service」(トレーサビリティ・アズ・ア・サービス)は、CTIAが2019年より開発を進めてきた新規サービスです。
現代の複雑なサプライチェーンにおいて、分散台帳技術が活用されたTaaSを導入することで、生産計画に基づいて実施される各工程の作業記録をスムーズに実行することができ、またサプライチェーンに関わるすべての組織との記録・データ共有をシームレスに行うことができます。



Cordaをベースとした様々な開発が発表される「DevDay」

本イベントの一日目は、「DevDay」と題して、主にCordaの開発状況や進捗報告がR3社より行われました。R3社CEOのDavid E. Rutter氏をはじめ、開発に携わる技術担当者によるCordaシステムのアップデートを紹介するセッションスピーチが会場のメインステージで披露され、会場に訪れた参加者は真剣に耳を傾けて話を聞いていました。
今回、発表された重要なトピックは、マイクロソフト社が開発するクラウドプラットフォームサービスのMicrosoft Azure(マイクロソフト・アジュール)上でCorda Enterprise(コルダ・エンタープライズ)が4.2にアップデートされ実装されたことです。これにより、Cordaの安全性確認や開発環境の利便性を向上することができ、システムの需要拡大が見込まれます。




ブロックチェーン業界のトレンドやCordaの事例紹介が行われる「BizDay」

「DevDay」に引き続き、24日の「BizDay」では、本イベントのメインステージでブロックチェーンに精通する業界リーダーや規制当局担当者によるトークセッションやCordaを活用したシステムの開発担当者によるプロダクトライブデモが行われました。海外でCordaをベースに実用化が進む事例も紹介されており、貿易金融や保険エコシステム、KYC認証、ソフトウェア開発など50以上の多岐にわたるセッションが披露されました。
登壇者たちはCordaをプロジェクトに選んだ理由やプロジェクトで描いている将来のユースケースについて議論し、会場に集まった参加者との質疑応答も繰り広げられ、意義深い時間となりました。





CTIAブースにも続々と参加者が来訪

本イベントでは、Cordaをサポートする18のスポンサー企業が参加して展示ブースを展開しました。各ブースではプロジェクト紹介やサービスのデモンストレーションを観覧することができ、参加者とブース担当者による活発な情報交換が行われました。
CTIAも自身のブースで先日発表されたばかりの新サービス「TaaS:Traceability as a Service」のデモンストレーションを披露しました。
今回のデモンストレーションは、キウイを作る生産側と入荷側の2社の設定で実施され、生産する会社では、キウイの収穫・箱詰めと出荷準備を行い、出荷するまでの工程を実施、そして入荷側の会社では入荷予定をバーコードで照合して入荷作業を実施しました。
ブースには銀行やIT企業などの担当者が訪れ、他のトレーサビリティシステムとの違いやビジネスモデルについての質問があり、回答を交えながら説明を行いました。訪れた参加者からは情報管理と共有が簡単にでき、生産工程の情報が記録できるこんなシステムを探していたなどの感想がありました。




Cordaをベースに開発されたTaaS

CTIAが開発した生産管理システム「TaaS:Traceability as a Service」はR3社が開発・提供する『Corda Enterprise』をベースに開発されています。このシステムを取り入れることで組織間のポリシー保護やセキュリティの高い情報交換を可能にします。
また、CTIAはTaaS開発に伴って『Token Processor』、『Token Register』、『Transaction RAM Protection』の3つの独自技術を開発し、それらを導入しています。これにより、様々な組織の需要に合わせた業務効率の最適化を支援する分散台帳型のビジネスソリューションを構築しました。リアルタイム性の高い革新的なワークフローと精度の高い情報交換の実現を目指しています。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!